テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

VTRの工夫 2006-08-28

今日から一週間ブログを担当します村瀬一路(カズミチ)です。
皆様、よろしくお願い致します。

テレビ朝日の「スーパーJチャンネル」が、僕のお気に入りのニュース番組です。普段からよく見ているのですが、番組について分析を試みたことはありません。よい機会に、この一週間、自分の好きなJチャンネルを中心に取り上げていこうと思います。

Jチャンネルでは挨拶無しに、いきなりニュースの紹介が始まります。
今日は試しに、トップニュースについて詳しく調べてみます。

○は今回の事故と直接関係のある話題、
▽はコメント(インタビュー)の類、
□はその他です。


<今日のトップニュース>
●4:54 ~ 5:05「飲酒追突3児死亡」

・祭壇に飾られた遺影をスタジオで紹介

4:54 VTR開始
○:「お父さんとお母さんが遺影を抱えて出ていらっしゃいました・・」
 VTR開始。まずは告別式の様子から
○:亡くなった児童の、生前の様子
▽:葬式の様子を「参列者」に聞き、
  彼らの言葉を通して、告別式の様子を伝える

○:事故の概要を説明(事故発生の経緯など)
▽:父親が登場し、事故当時の様子を証言
○:リポーターが事故現場から、現場の様子を伝える
▽:事故を目撃したタクシー運転手のコメント(何故か運転しながら)
▽:母親に、子供達3人を救おうとした時の様子をインタビュー
▽:祖父のコメント

○:容疑者の紹介(容疑者の評判は決して悪くなかったらしいが…)
▽:容疑者の姉にインタビュー(号泣している)
○:「ブレーキした痕がなかった」という情報をナレーションで

□:飲酒事故に関連して、1999年に起きた東京・世田谷区の事故を紹介。番組では今回の事故を”繰り返される悲劇”と位置付ける
▽:福岡市市長、山崎広太郎氏の記者会見?事件についてコメント(場所は屋外)
5:03、VTR終了。スタジオへ戻る


○:現場のガードレールは強度がもろかったという事実を、小宮キャスターが紹介
○:容疑者の、事件当日の行動を紹介
▽:コメンテーター、轡田隆史氏が事件についてコメント。話題終了



ニュース番組ではVTRの占める割合が大きいと思います。
スーパーJチャンネルはそれが顕著な番組の一つではないかと。
スタジオはほとんど使っていません。

VTRの内容をひとつひとつ確認してみて、わずか10分足らずの間に
ここまで色んな情報が伝えられていたという事実に驚きました。
普段は、何気なく番組を見ていたものですから・・・

スタジオよりもVTRのほうが話の展開が早く、
一回で聴き取る内容としてはかなり多いような気がします。
それでいて、VTRは番組のメイン。ならば恐らく、VTRには
視聴者に配慮した工夫がなされているのではないでしょうか。

VTRの内容をざっと見たところ、
インタビュー(もしくは記者の質問を省き、コメントだけいきなり流す)が
かなり多いような気がします。これが、一種の工夫ではないでしょうか。

具体的な効果として、語り手がVTRのナレーターから
いったんインタビュー対象に移ることにより、VTRにメリハリが生まれる。
(上手い例えではありませんが、役者が交代するようなものだからです)
僕はこのように考えたのですが、いかがでしょうか?

仮に僕の考えが正しく、メリハリをつけるためだったとしても、
ちょっとインタビューの類が多過ぎる気はします。
別に、僕はそれを悪いとは思いません。皆さんはどうご覧になりますか。



≪番組データ≫
番組名:スーパーJチャンネル
放送局:テレビ朝日(ANN)
放送時間:16:54~19:00(地域によっては18:17まで)
キャスター:小宮悦子、坪井直樹


【村瀬 一路】
スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2006-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)