テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

子供への影響 2006-08-26

 今日、アルバイトに向かう途中に駅構内のエレベーターの中で親子連れと一緒になりました。
 小学1年生ぐらいの男の子だったのですが、彼がエレベーターの扉が閉まった途端「こわい~」と今にも泣き出しそうな声で母親に訴えたのです。
 母親は静かになだめていましたが、男の子は「こわい」を連発していました。


 その時、ふっと思い出したのが「シンドラー社のエレベーター事故」です。
 当時、ニュースの時間帯には各局がこぞってこの事故を放送し、検証やスタジオ討論などをして危険性を訴えていました。
 その男の子が、あの時の放送を見ていたとしたら・・・もちろん、ただ単にあの狭い空間がダメなだけだったかもしれません。


 しかし、まだきちんと物事の理解が出来ない子供達がああいった事故のニュースを何度も何度も見せられていたら、どう思うでしょうか?
 きっと親や周りの大人から「あのエレベーターはあぶないんだよ」と教えられたりしているのではないでしょうか。


 日本の子供はよくテレビを見ているといわれます。
それは、子供向けの番組が多いことや、テレビが1家に1台ではなく1人1台の時代になっている事が影響していると思われます。
 彼らにとって、テレビが全てだとは想いたくありません。しかし、良い方向にも悪い方向にも影響を受けやすい存在であることは確かだと想います。



 報道の仕方が悪いとは断言出来ませんが、テレビを見ているのは大人だけではないということ、そして大人でも健常者ばかりではないこと。
 このことを忘れてはいけないと想いました。
スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2006-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)