テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

にぎやか過ぎる画面 2006-08-22

 最近、報道番組でも画面がにぎやかになったと思いませんか?


朝のニュース番組では、
 左上に天気予報と時刻
 右上にサブタイトル的な状況説明のテロップ
 下3分の1に字幕テロップ



ひどい時は、TVの半分をテロップが占めている時があります。
私たちは、一体何を見せられているのでしょうか?映像?テロップ?
テロップの定義について、ネットを使って調べてみました。



テロップの定義
① 番組内容と視聴者の間にテロップ制作者が介在する二次的伝達状況
② 番組内容に対するテロップ制作者の思考を表示する言語の解釈的使用の例
③ 視聴者の聴覚刺激と視覚刺激の関係を利用した伝達行為
<出典:塩田英子「文字テロップと推論モデル」



しかし、送り手が一体何を伝えたいのか、分からなくなる時がしばしばあります。
最近では、テロップを全く使用しない番組を見るほうが困難かもしれません。

確かに、わかりやすい表現だとは思います。
天気予報などは、すぐに見たいときは便利ですし。
しかし、いくらなんでも、ごちゃごちゃしていませんか。

いくら自分達で情報の取捨選択をするようにしても、画面までは操作できません。
日本のテロップ多様放送は見直すべきだと思います。
スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2006-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)