テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

奈良・放火殺人事件 成績めぐり「何もかもいやに・・・」 2006-06-23

-------------------------------------------------
急にはずせない用件が入ってしまい、本日(6月23日)休講です。
学生諸君は誠に申し訳ないが、よろしくお願いします。坂本衛
-------------------------------------------------


書き込みが大変遅くなってしまい、申し訳ありません。


《長男について報道ステーション内で話されていたこと》

古舘「もし(長男が)すごくイイ子を演じてきたのだとすると、つらかったのかなと思いますよね。」
堀田 力(弁護士・元検事)「つらかったと思います。長男は科目を満遍なく勉強をしていたようです。高校生にもなると、科目の好き嫌いはあるのに、それを全部頑張っているということが、すごく無理している。親に認められたいというそれだけの社会の中で頑張って頑張って無理してそれがある時プツッて切れるんですよね。」


《私が思ったこと》

 今回に限ったことではないと思いますが、特に感じたことがあります。それは、推測で話をしているということです。また、その推測で放火殺人の犯人をフォローしているように思いました。(堀田氏が弁護士ということが関係してくるとは思うのですが・・・)

 少年であるとはいえ、親からのプレッシャーのようなものがあったかもしれない、とはいえ、犯罪者であることにかわりはありません。殺人を犯した犯人です。犯人をフォローする、という時点で疑問がわきますが、ましてや推測でフォローするようなことは、してはいけないような気がします。放送された時点でわかっていたことは、「少年は成績優秀だった」「親が医者であり、少年も将来の夢は医者だった」「高校三年生になって、進路の方向性が変わってきた」「両親は再婚であり、長男だけ前妻の子どもである」「近所の評判では、イイ子といわれていた」といったことでした。観ている側も、その事実を知っただけで、なんとなく「親からの期待がプレッシャーで、つらかったのかもしれないな、かわいそうだな」と思いました。しかし、少年の両親との関係を作り上げてしまうのは良くないことでないのかと私は思いました。

 事実を曲げることなく伝え、その事実を聞いた視聴者側の考えは視聴者それぞれが持つものであって、それをなんとなく誘導してしまうきっかけ作りは、暗いニュースではあまりしない方が良いのではないかと思います。


※過去の記事でコメントを多くいただきましたがそのレスポンスができておらず、申し訳ありません。これからしたいと思っております。


《番組データ》
番組名/報道ステーション テレビ朝日系/月曜~金曜夜9:54~11:00放映/司会/古舘 伊知郎・河野 明子 コメンテーター/堀田 力

【高濱 綾乃】






スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2006-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)