テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

少子化対策 2006-06-20

 新少子化対策を決定

 政府は子育て支援に力を入れた、新たな少子化対策を決定しました。
具体的には妊娠中の検診費用の負担を軽くしたり、乳幼児に対する児童手当増額することなどです。また、長時間労働を抑制し育児休暇をとりやすくし、子どもを産み、育てやすい環境作りを行うことを決めました。

 2007年度から短時間勤務制度を導入するようです。通常の勤務時間は1日8時間ですが、子どもが小学校へ入学するまでの間、4時間や5時間の半日勤務の選択が可能になるそうです。

 いずれ縁があれば結婚をし、出産をするであろう、私や、女性の方々の意見が伺いたくなったニュースでした。

 勤務時間が少なくなることは、子どもに触れることのできる時間が増え、育児にも余裕ができやすくなるのかもしれません。児童手当を増額し、金銭面での負担も軽減されると思います。

 そもそも児童手当とは何のことなのでしょうか?いくらもらえるのでしょうか?


 地域によって違いがあるようなので、私の住む東京都町田市について調べてみました。

 育成手当・・・1人あたり13.500円
 条件・・・その子の父または母が心身障害の状態である。父母が離婚している等々

 条件がありました。その条件に当てはまらない場合は、支給されません。ということは、条件に当てはまらない人達への「産みやすい環境作り」は、短時間勤務制度と検診費用の負担軽減の2点でありました。

 率直な感想としては、従来とあまり変わらないのでは、と思いました。


 しかし、まだ新少子化対策は決定したばかりであり、今後さらに具体的な内容まで明らかになり、その利点と欠点を比較するような報道が増えていくのではないかと思います。(例えば、地域の差、検診費用の軽減は○%であり従来との変化があまりみられないのでは。等)
 よく、ニュースを拝見していると、法案改正前、後、などの比較があります。私は、メディア側が比較をしてくれることによって、我々視聴者の個々人に関わってくる不利な点、有利な点が明らかになりやすくなり、良いことであると思います。(わかりやすければ)

 インターネットやメールで、見たいニュースだけ見ることのできるようになった時代ではありますが、テレビは、フリップを出すなどの詳しい説明を受けることが可能であります。また、テレビの送り手側から提示されることによって、その内容を知り、国民の意見を左右することのできる大きな媒体であります。ですから、メールなどの活字がメインである情報だけでなく、映像や資料なども提示してくれるテレビも、マス4媒体の最も多く視聴されているものとして、あり続けてほしいと思います。

《番組データ》
番組名/報道ステーション テレビ朝日系/月曜~金曜夜9:54~11:00放映/司会/古舘 伊知郎・河野 明子 コメンテーター/加藤 千洋他


                     【高濱 綾乃】
スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2006-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)