テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

○一週間ブログを担当してみて考えたこと○ 2006-06-18

 私には習慣としてテレビを見ることはありませんでした。ニュースは携帯でチェックするか、もしくはネットで調べるのが主でした。 アルバイトなどで毎日決まった時間に放送される番組を見ることが無理な時もあります。今回も一週間だけだからと思いこまめにテレビ報道を見るよう心がけていましたが、それができない日が2日ほどありました。
 いまやニュース番組はテレビで見るものとは限らないのかもしれません。実際テレビで見て理解しづらい話題は、テレビ局のニュースサイトにアクセスし、ウェブ上で視聴しました。そして朝、夕と決まった時間にニュースを見るという習慣も急速にすたれつつあるように思います。
 テクノロジーの進化が「見たいニュース」を「見たい時間」に「見たい場所」で視聴することをできるようにしました。これからはニーズの好みやライフスタイルに合わせて、いままでのニュース番組の形態や内容をどのようにアレンジしていくかだと思います。ネットの特性を生かした新しいニュースプログラムをいかに作っていくかをテレビ局とネット企業が考えていかなければならないと思いました。
 それが実現してきているものとして挙げられるのがワンセグ携帯だと思います。地上デジタル放送を携帯で見ることが可能になります。いままでネットはできたけど、ついにテレビまで自分の好きな時間、場所に合わせて見る事ができます。
 視聴者は情報を入手する手段をもっと自由に選択できるようになりました。
 この進化はどこまで続いていくのでしょうか。


 今日は日本の決勝トーナメントをかけてのクロワチア戦がいよいよ22時からキックオフです。テレビを見ていてもワールドカップのことが多いです。日本勝つといいですね。

【十河 亜弥】


スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2006-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)