テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

報道はどうあるべきなのか 2006-06-11

秋田小1殺人事件で容疑者が逮捕されてから一週間経ちました。
この一週間はとてもゆっくりとした流れだったと思います。そして、次第にこの事件についての報道は小さくなりつつあります。

事件が起こった当時は、各局でたくさんの時間を割いてこの事件を報道していました。しかし、だんだんと報道されなくなる。そして容疑者逮捕。それと同時に再び報道の嵐。容疑者が逮捕された翌朝のフジテレビ系「とくダネ!」の中でキャスターの小倉智昭氏は「(今日流した容疑者を取り囲んだVTRは)今まで放送しないでおいて、容疑者が逮捕されたら使用しようとしていたVTRであり、インタビュアーはいろいろ知っていたみたいだから・・・」と言いました。これには「既にテレビ局側では容疑者が誰だか見当がついていた」という事になります。

週刊誌では犯人報道をし続けていました。でもまだこの時点では容疑者が逮捕されたわけでもなく、その当時報道されていたものはプライバシーの侵害とも取れるものです。しかしその一方で裏では様々な事が動いていたのにも関わらず、容疑者が逮捕されるまでは報道するのを自粛するかのように大人しくしていたテレビ局。こちらにも問題があると私は思います。

推測・憶測で報道するのは非常に危険な事です。しかし、事件と容疑者逮捕の間の期間もテレビは報道をし続けるべきだったのではないかと思います。話が続かない話題は放送をカットするのか?容疑者が捕まったから、また一気に報道すれば良いのか?しかも報道されていない期間中も、マスコミは容疑者の自宅や実家に張り付いていたり待機していたわけです。これでは報道を自粛しても、まだこの時点では一般人であった容疑者の日常を侵害しているとしか思えません。そしてこの事実(普段の生活を送れないようになっていた事実)を視聴者は何も知らされていなかった・・・。

このような大きな事件が起きた時、事件の経緯や動機を伝えるだけでなく、マスコミがどのように報道しようとしているのか、どのように取材をしているのかなどの詳細も視聴者に伝える事ができれば、もっと良いのではないかと思います。そうする事で、視聴者が報道についても考え始めるきっかけが出来ると思うからです。

拙い文章でしたが、一週間読んでいただきありがとうございました。

【森 智徒勢】
スポンサーサイト



週刊誌の影響力 2006-06-11

今日で書き込みが6回目になりますが、秋田小1殺人事件の話を書いていて、週刊誌の見出しやその影響力を考える書き込みをみなさんがしてくれています。そこで、今日は週刊誌の影響力について考えてみたいと思います。

・週刊誌の見出しの影響力
今回問題になっているのは週刊誌の見出しの影響力です。テレビで放送されないような事柄をあげるのもしばしばあるせいか、はたまた購買者の意欲をそそらせるためか、週刊誌の見出しは時に驚くほどオーバーです。また明らかに事件とは関係ないようなプライバシーを侵害していると思われるような記事も多々見られます。週刊誌の見出しには特徴があり、「○○か?」という疑問符を呈するところが異常に小さく書かれてあるときがあります。週刊誌だけでなく、スポーツ紙の見出しなどにも使われていますが、これは明らかに購買者の意欲をそそるためだけとしか思えません。断定と予測では、全く違うものだからです。これだけでも、見出しを見た人の印象は大分変わってくると思います。

そして、見出しが与える影響力ですが、確かに週刊誌の見出しがあるのは大都市圏にある電車などの中吊り広告です。私は様々な都市の電車に乗ったことがありましたが、驚くほど中吊り広告が無い電車もありましたし、地方で販売されている雑誌の見出しのみしか中吊りにされていない場所も有りました。
全国放送されるテレビとは違い、週刊誌の見出しを見て事件の詳細を知るの人は少数しかいません。しかし、週刊誌で取り上げられた事をテレビで取り上げたり、また週刊誌の見出しを詳しく紹介するコーナーがある番組もあります。

確かに一概に週刊誌の見出しに影響力があるとは言い切れませんが、人々の事件を見る目に何らかの影響をもたらす事は確かだと思います。

【森 智徒勢】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2006-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)