テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

テレビ、その「強さ」の研究 レジュメ9――視聴者の強さ (2004-07-02) 2004-07-02


1)視聴者に対するテレビの強さ

・テレビは、視聴者の声を「あまり聞いていない」ようにも見える。
 (例)
 いきなりの番組中断・終了
 なぜ誰に対してなのかわからない謝罪・訂正
 横並びの工夫なき映像(大事件、全局ナイター巨人戦のラジオ)

・テレビは、視聴者の声を「ものすごく気にする」ようにも見える。
 (例)
 視聴率
 視聴者に「媚びている」かのような番組の氾濫
 特定の問題では異常に神経質(自主規制)
 いわゆる「差別」に対する怖れ

・NHKと民放では「視聴者像」が異なるように見える。
 NHK……みなさまのNHK
 民放……視聴率、スポンサーがらみのクレーム

・現実の視聴者をとらえているか? どちらも特定のフィルターを通した視聴者では?

・ということは、「本当の客」が見えていないのでは?

2)他メディアに対するテレビの強さ・弱さ

・新聞……影響力、「系列」の問題、天下り、資本・人事関係、報道の力不足

・出版……影響力、ネタ元にする、出演者を調達する

・「もちつもたれつ」の側面

【連絡事項】
1)次回7月9日(金)は、授業があります(1回休講した分の補講)。9日で今期はおしまいです。

2)少なくとも数人がやりたいといっているので、7月下旬に宴会をやります。

【日時】 2003年7月(  )日(  曜日) 午後5時半~(終わりはテキトー)

【場所】 早稲田・かわうち●03-3205-4129(坂本サイト@神楽坂ページに地図あり)
地下鉄東西線「早稲田」、高田馬場より出口から早稲田通りを馬場方向へ、穴八幡神社交差点(馬場下交差点)を通り越し最初の信号、左側角。JR「高田馬場」からは早大正門行き学バス「西早稲田」下車、次の信号。
【会費】 2500円
【出欠】 出席する者のみ授業時に直接(キリトリ以下を使用)またはメールで、「出席 氏名×××× 学生番号××××」を連絡のこと。店の都合があるから前前日までに。メールを出しにくい環境にある者は友人に託してもよいし、ハガキを出してもよい。

3)で、いつにする? 今日ここで多数決で決めます。結果を上欄に記入せよ。

7月23日(金)までは坂本がGALACで忙しい。
7月24日(土)すでに店に大宴会が入っておりダメ。なので候補日は以下。

7月25日(日)休みだが、特別に店を開けてもよいと。(この場合は夜10時まで)
7月26日(月)
7月27日(火)
7月28日(水)
7月29日(木)
7月30日(金)
7月31日(土)

------------------キリトリ----------------

放送特殊研究v 7月宴会の出席表

出席します。なお、当日は清く正しく美しくお酒を飲むことを誓います。

名  前                        

学籍番号                        

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2004-07 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)