テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタビューの力 2006-09-28

記事を書きつつうとうと・・・してたら今!目の前に無数のmが!(笑)

さあ今日は27日放送「スーパーニュース」を見てみたいと思います。
●青い三角定規元メンバー自殺(4分)
●飲酒事故民事で賠償3億(1.5分)
●安倍新内閣(13分)
●関東地方集中豪雨(3.5分)
●高圧線切断で大火災・ソウル(4分)
●庭先に珍客、ニホンアナグマ(5分)
●山頂の旅館出火「登山鉄道」使い消火(0.5分)
●雅子様祖父の告別式参列(1.5分)
●市川昭介さん急逝(4分)
●羽賀研二結婚(3分)
●カイヤ母急逝(3分)
●埼玉交通事故・はねた男送検(1分)
●高速料金未払いで逮捕(3分)
●熊本中2女子ナイフで刺される(2分)
●愛知県男性拉致し殺害か(1.5分)
●安倍新内閣(5分)
●空気ポンプで指切断(5分)
●人気サイトにマドンナのウソ情報(5分)
●特集・脳脊髄液減少症(17.5分)
●病院でガン患者殺害、心中か(0.5分)
●サッカー中村俊輔活躍(2分)
●ゴジラ松井完全復活(1.5分)
●ゴルフ宮里藍体調回復、最終調整(1.5分)
●天気予報(2分)
●謎の巨大生物発生(2.5分)
●放送後記・安倍内閣副大臣認証式(1.5分)

番組中安倍内閣については序盤・中盤・終盤と3回取り上げられています。時間的配分もやはりまだ多いですね。全部合わせて20分弱ありました。
さて、その内容ですが。昨日今日と画面表示について書いてきて、「スーパーニュース」ではどのように紹介されるのかを調べようと考えていたのですが、なかなか大臣の紹介がやってきません。考えてみれば新内閣発足から丸一日経っているわけで、その間に一度も新内閣の顔ぶれを見ていない人は少ないでしょう。さらに、今日一日のニュースをより多く伝えるという夕方のニュース番組の特性から既知の事実は省いたということもあると思います。

では番組序盤ではどんな内容を扱っているのかというと、
○高市新大臣怒涛の引継ぎblog3.jpg
○高市新大臣のドレス選び
○イノベーションとは?
○大田新大臣、慣れない取材
○小池前大臣涙の退任
○山本新大臣ジョギング姿で登場
○昭恵夫人首相官邸へ
○副大臣・政務官決定

中盤では、
○新旧閣僚の引継ぎ
○首相補佐官について
○話題の女性大臣
○安倍"ホワイトハウス型"政権の構想

序盤では新大臣のキャラクターを見せるVTR、中盤では安倍政権の構想についてさくっとレポートという感じですね。まあまだ実際に政治が動き出しているわけではないので、政策などについての突っ込んだ議論は当分先になるでしょう。

ここでちょっと気になったのが、インタビュアーの質問です。
「今日の朝食は何ですか?」「ドレスはどうやって用意したんですか?」「何故紺色のドレスに?」
皆さんの普段の書き込みからすると「意味のない質問だ」「やりすぎ・的外れ報道だ」と批判されそうですが、そうした質問への大臣の返答が庶民的で好感がもてます。
イメージを伝えること、というのはテレビでは簡単そうに見えますが、単に行動の一部始終を捉え説明するだけではその人の本当の人柄はなかなか見えてきません。しかし、本人が語る言葉には力があります。
例えば殺人犯が動機を述べたりする場合、「むしゃくしゃしてやった」という言葉をキャスターが言うのと、本人が直接言っているのでは受ける印象が違います。本人が言っているほうがずっとリアリティがあってこちらの怒り・憎しみなどをかきたてます。
今回の大臣の取材も同じで、インタビューによって大臣から生活感や人間らしさが感じ取れます。この事が「自分たちと同じような生活をしている」「自分たちの政治への希望を取り入れてくれそうだ」という好印象につながります。本人の口で語ることで言葉の信用も上がります(上がるかどうかは内容次第ですが)。安倍総理が初めの演説を原稿なしで行ったのもそのような意図があったのかもしれません。

本人の言葉を本人が言っている様子を視覚聴覚両方で伝えられるのは映像だけです。報道では、特に質の高いインタビューが求められると思います。


スーパーニュース
チャンネル :フジテレビ系
放送日 :2006年 9月27日(水)
放送時間 :午前4:55~午前7:00(125分)

【山本 彩子】




スポンサーサイト

二兎は追えない… 2006-09-27

NHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」もいよいよ最終週となりまして、宮あおいの次は藤山直美が主演だそうです。長いこと若手新人女優の登竜門的枠だった朝ドラとしては意外な配役ですね。私は朝ドラが好きなんで楽しみですけど、ベテランの起用が吉と出るか凶と出るか見ものです。ふふ。

昨日に引き続き組閣のニュースを見ていきます。
今日見たのは、フジテレビ系「とくダネ!」。とりあえず番組の時間構
成を下に記します。

●オープニングトーク~今日のラインナップ(8分)
●安倍新内閣(49分)
●青い三角定規元メンバー自殺(6分)
●羽賀研二結婚へ(3分)
●熊本・中2女子、校内で刺される(4分)
●奈良・女児殺害事件の小林被告死刑判決(10分)
●28年前の女性殺害事件・賠償問題(5分)
●<スターまるみえチャンネル>海外芸能情報(8分)
●市川昭介さん死去(2分)
●天気予報(3分)
●占い・血液型選手権(1分)

見れば一目瞭然、前半約1時間をまるまる組閣ニュースが占めております。NHKの中継番組とは違い、内容は就任直後の各大臣の様子から政治評論家のコメント、拉致被害者横田夫妻との中継、安倍首相夫人・昭恵さんのインタビューなど様々です。
昨日は中継番組の画面表示について書きましたが、「とくダネ!」ではどうでしょうか。各大臣の紹介部分の画面はこのような感じ↓

↓ 視覚的な情報が増えました
blog2.jpg


やはり一夜明けてそれなりに情報がまとまっていること、また民放独特の視聴者に見せる方法が整っているという特性もあってか、同じニュースでも幾分わかりやすくなっていました。
また、ナレーションは記者が喋り倒す説明中心なものではなく、むしろ少なめで大臣就任の電話を事務所などで待っている新大臣の様子や、電話を受けた直後の感想など、大臣本人の声が見えるVTRになっていました。「とくダネ!」は時間的には視聴対象が主婦層あたりになるのかな?そのためか、功績など難しい事について詳しく説明されるといった感じではなく、大臣の人柄や安倍さんとの関係などについてより細かく報じられているように思いました。
ただ、今度はイメージ先行で「じゃあこの人は一体何をしてきて、何をしてくれそうな人なのか?」といった本当の資質は見えにくい報道になっていました。

それぞれの長所短所が真逆になっている感じですね。
ただ単純におもしろいという観点では私は「とくダネ!」が断然優勢だと思います。小泉内閣でも課題だった拉致問題にからめて横田夫妻と中継をつないでみたり、5年ぶりのファーストレディ・昭恵さんのインタビューなんかも民放ならではの演出ですね。

明日はしつこく安倍内閣報道について、今度は夕方の報道番組を見て書いてみたいと思います。


とくダネ!
チャンネル :フジテレビ系
放送日 :2006年 9月27日(水)
放送時間 :午前8:00~午前9:55(115分)

【山本 彩子】

安倍新内閣発足 2006-09-26

25日から担当いたします山本です。
のっけから体調を崩しまして月曜の更新ができず申し訳ありません。

いよいよ安倍内閣が組閣されました。
「友達内閣」「仲良し内閣」などと早速酷評されていますね。
NHK総合では新閣僚が出揃う午後4時前から中継とスタジオによる特番が組まれていましたので、録画して見てみました。

 前半約30分間は司会のメインキャスターと新閣僚の情報を伝える政治部の記者との掛け合いで番組は進みます。しかしこれがわかりづらい!
 何がわかりづらいかというと、目で見える情報が少なすぎるのです。写真と名前がテロップで表示されるだけで、選挙区・当選回数・今までの功績などはすべて記者が口で説明します。一人につき平均1~2分は喋り、それが同じスタイルで何人も繰り返されるので集中して聞いていないと何のことを言っているのかわからなくなってしまうと思います。
 これに加え、新しく担当が決まったり首相官邸に人が入るたびに、それまでの説明は中断してそちらの情報を伝えるので、見ているうちに内容が前後しどれも中途半端な説明という印象が残ります。
 また、下の画像のように担当が決まると番組中でもテロップで情報が表示されます。他の番組中ならまだわかるのですが、今まさに番組で扱っている話題なのだから何もわざわざテロップ流さなくてもいいんではないでしょうか?

↓ 字がかぶって見にくい!
blog1


中継で番組を構成する以上、新鮮な情報があればそれを提供するのが一番いいのかもしれません。でも、それで番組自体がわかりづらくなったり見にくくなったりしては視聴者の視点をないがしろにしているように感じました。


ニュース「安倍内閣 組閣」関連
チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2006年 9月26日(火)
放送時間 :午後3:30~午後6:00(150分)

【山本 彩子】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。