テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2012年度の授業テーマは「[実践!]ネットは放送を殺すか?──ネットを理解することで、放送をより深く知ろう」。

最終日の今日は・・・ 2006-09-03

一度に二つの記事をお送りします。
(一方が昨日のぶんであることは内緒です・・・)

最初にお詫びと訂正です。これまで
スーパーJチャンネルの放送時間を≪番組データ≫のほうで
「17:54~19:00(地域によっては18:17まで)」としていましたが、
16:54からの誤りです。記事本文と照らし合わせれば、間違いがあるのは明白。それなのに・・・全然気がつきませんでした。お恥ずかしい。
後で該当部分を全て修正しておきます。


さて、9/2(土)のスーパーJチャンネルについて書きます。
スーパーJチャンネルは土日のみ番組構成が大きく異なり、
放送時間は基本的に17:30~18:00。
キャスターも山口豊さんと村上祐子さんに代わります。お二人は、
平日担当の小宮悦子さん・坪井直樹さん が夏休みの時などに、
平日でもキャスターを務めることがあります。

さらに土日版では、平日版だと無くなってしまった番組OPが
しっかり残っているなど、なにかと見所(?)があったりします。
なぜ平日と土日で構成が違うのかについては、
あいにく僕は詳しい事情を知らないのですが・・・。


この日のニュースでは、とても面白い話題がありました。
福岡県二丈町の公民館で、マネキン泥棒未遂事件があったそうです。
容疑者は公民館に二階から侵入し、一階のマネキンを狙った。

動機はなんと、そのマネキンに「一目惚れしたから」。
ところがいざ盗もうとすると思いのほか重く、
しかも「近くで見ると不気味だった」ことから犯行を躊躇。報せを
受け駆けつけた警察官に、建造物侵入の現行犯で逮捕された。

もうね、ア ホかと。

まあ確かに綺麗なマネキンでしたよ。てか近くで見ると、って
マネキンに失礼ですよね。
それに一階から普通に入れば良かったんじゃ。
・・・そういう問題ではないか。

ちなみに事件が起きたのは8/29。
ちょっと報道するのが遅い気もしますが、いつ報道しようが
関係無いくらい、笑える事件ということなのでしょう。

個人的には、バラエティー番組のネタにしたほうが良いという
気もしましたが。ニュースで扱える内容は意外と広いのですね。
まあこの事件、マネキンを盗もうとしたなら立派な犯罪ですし。


【村瀬 一路】

安倍氏との対談! 2006-09-02

痛恨。報道ステーションの録画に失敗・・・
何度確認しても撮れてない。とほほ。
色々あって本日も遅れました・・・。

今日はスーパーJチャンネルでも報道ステーションでも、
安倍晋三氏との対談を番組中に設けていました。
スーパーJチャンネルのほうは安倍氏と、中継での会話でしたが。


スーパーJチャンネルでの、対談の様子を簡単に紹介します。
小宮さんが楽しそうに大役を務めていました。


6:03
小宮「話し方が変わりましたよね?」
安倍「聞き辛いと言われる事が多いので気をつけました(笑)」
小宮「政権構想のうち、一番やってみたいことは?」
安倍「教育の再生に全力を尽くしたいです」
小宮「靖国神社の参拝については明言していませんが?」
安倍「行きますよ、という宣言は外交問題になってしまいますから」
小宮「消費税は何%に?」
安倍「まずはとにかく、成長戦略を打ち出します。
  今から数字を出していては努力が鈍るから、表明はしません。
  例えば来年度の予算…19年度については、18年度の
  新規国債発行額を下回るように努力をしていきたいと思っています」
小宮「総裁選は独走状態ですが?」
安倍「いいえ、油断したほうが負けですから。
  最後まで緊張感をもって戦います」
小宮「早くも人事について頭が痛いのでは?」
安倍「まだ白紙であって、最後まで分からない。
  今は考えている余裕などありません」
小宮「全く関係無いことですが、奥様が韓流ドラマのファンだとか?」
安倍「そうですね(笑) よく家でも見ています」
小宮「やっぱりヨン様を?」
安倍「違います。パク・ヨンハって人かな?」
6:08


時間にして約5分。会話が弾んでいて、
聴いているほうとしてはなかなか面白かったです。

ただ小宮さんは、質問したあとは聞き役に徹するばかりで、
それほど突っ込んだ話は生まれなかった。
安倍氏も肝心なことは明言を避けるしで、
ニュース番組としてこれで良いのか?とは思いましたね。
時間の猶予が無いから、しょうがない一面もあるのでしょうけど。


一方、報道ステーションのほうは録画できず
(一応見てはいたのですが、よそ事をしながらで・・・)、
正確な会話の内容を書けないのですが(反省)、
古舘さんがけっこう切り込んでいたようで、
こちらは議論のような形に幾らかなっていたなと思いました。
時間も15分はあったでしょうか。


スーパーJチャンネルではある種、挨拶だけのような感じで終わっていたので、より深く安倍氏について知りたいなら報道ステーションを見るべきでした。
ただ、スーパーJチャンネルでは安倍氏の素が見れた気がします。
これはこれで収穫がありました。


Jチャンネル、たった5分の対談にしては充実していたと
見るべきなのか。皆さんはどう思われますか。


≪番組データ≫
番組名:スーパーJチャンネル
放送局:テレビ朝日(ANN)
放送時間:16:54~19:00(地域によっては18:17まで)
キャスター:小宮悦子、坪井直樹

番組名:報道ステーション
放送局:テレビ朝日(ANN)
放送時間:21:54~23:10
キャスター:古舘伊知郎、河野明子


【村瀬 一路】

報道ステーションとの対比 2006-09-01

連続してスーパーJチャンネルのみについて記事を書いてきましたが、
今回は同じテレビ朝日のニュース番組である、
「報道ステーション」と比較を行ってみようと思います。
ちなみに僕は「報道ステーション」を見るのが、まだ5回目くらいです。

報道ステーションのトップニュースは、
「山口 女子学生殺害」 について。

一方、スーパーJチャンネルのトップニュースは、
神戸市で起きた、野生のイノシシが墓石を次々と荒らしている事件。
各所の墓地が荒らされ、中には丸ごと掘り返された墓石すらある。
なかなか深刻なようでしたが、どうしてこれをトップニュースにしたのか。
今回最初に湧いた疑問です。・・自分ではちょっと答がわかりません。
ちなみに、報道ステーションでは一切伝えられない話題でした。
スーパーJチャンネルが「山口 女子学生殺害」を伝えたのは、
このイノシシ事件の次。


最初の疑問はひとまず棚上げし、両番組で共通していた話題、
「山口 女子学生殺害」の扱われ方について見てみます。


<報道ステーションでの情報>
*以下はVTRで伝えられた内容です。

○容疑者が逃走用に使っているバイクが判明。バイクのスペックも紹介
☆中谷さんは容疑者に抵抗した模様 
 (爪に容疑者の皮膚片、服には髪の毛が。DNA検定で一致)
○中谷さんがピアノを弾く映像、バレエの映像を流す
○中谷さんのピアノ講師、バレエ講師へのインタビュー

○容疑者の友人へのインタビュー。容疑者と電話は繋がらないらしい。
☆友人コメント「(容疑者が)死んでなければ友達として話を聞きたい」
☆容疑者宅の家宅捜索が行われている映像を流す
○警察の捜査態勢の紹介

☆バイクで逃げる少年を目撃したという人物へのインタビュー
☆記者が容疑者が目撃された現地に行って、道(周辺)の様子を紹介
○事件の起きた市のバイク店の男性にインタビュー
☆徳山高専の校長が登場


・・・続いて、スタジオから
古舘さんが現地記者に質問。
「中谷さんに対する危険を、周囲は一切予知できなかったのか?」
>事件前後の様子はよく分からない。
>いつも連絡が繋がったのに、その日だけは・・・
>というのが大きな異変ではあった

「他の部屋では、事件のあった部屋から何も聞こえなかった?」
>現場、同階では授業につかう機械の音がうるさかった。

記者がさらに語った内容
>自分のではなく中谷さんの鍵をつかったあたり、容疑者には
>捜査の手を遅らせようとする狙いがあったかもしれない・・・

>ガソリンスタンドのほとんどがセルフスタンド!
>給油は見られてないかも・・・
>容疑者の友人は彼を必死で探しているそうです

古舘さん、「分かりました」で、そのまま話題終了。
何かあっさりしている。
番組最後で、容疑者が全国指名手配されたという新情報が。


さて、報道ステーションより5時間早く放送される、
スーパーJチャンネルで伝えられた内容は?
上で○を付けたものは、スーパーJチャンネルでも放送されました。
中谷さんの生前の映像、容疑者友人へのインタビューなど全く一緒。
(なぜ容疑者友人へのインタビューを一部省略したか気になります)

取材に応じていた店員は違いますが、
インタビューを受けたバイク店自体も一緒でした。

<スーパーJチャンネルでのみ流れた情報(こころみ)>
□容疑者の、小学校のときの卒業文集
□事件のあった町のガソリンスタンド店員、コンビニ店員に聞きこみ
□容疑者の近所の人にインタビュー
□キャスター坪井さんが、実際に同型のバイクにまたがってみせる

□コメンテーター萩谷順氏のコメント。内容をまとめると以下。
「少年を見かけた方はすぐに通報を。それは逮捕だけでなく、
少年が自らを傷つける行動に出るかもしれないので
それを事前に防ぐ目的もある・・・必ず通報して欲しい」
小宮さんが、一言「(通報)お願いします」と言って話題終了。


≪番組データ≫
番組名:スーパーJチャンネル
放送局:テレビ朝日(ANN)
放送時間:16:54~19:00(地域によっては18:17まで)
キャスター:小宮悦子、坪井直樹

番組名:報道ステーション
放送局:テレビ朝日(ANN)
放送時間:21:54~23:10
キャスター:古舘伊知郎、河野明子

【村瀬 一路】

コメンテーターって、どうなのさ 2006-08-31

またも日付が変わってしまいました。・・・反省します。
以下は8月30日ぶんの記事です。

 ちなみにまだ書き物も終わって無かったりするんですね、これが。
 多分いま、これまでの人生で一番多く何か書いてる気がします・・・


今回もスーパーJチャンネルの話題です。
この番組では曜日毎にコメンテーターを設けています。

・轡田隆史 (月)
・大谷昭宏 (火、水)
・萩谷順  (木)
・川村晃司 (金)


同じコメンテーターという立場ながら、
四人ともかなり個性的な人物です。恐らく同じ話題でも、
四人はそれぞれ全く違うコメントをするでしょうね。


既に書きました通り、
スーパーJチャンネルはVTRがメインのニュース番組です。
スタジオが映っている時間のほうが、全VTRの合計時間よりずっと短い。

キャスターの小宮さん、坪井さんは共に存在感のある方ですが・・・
「NEWS23」の筑紫さん、「報道ステーション」の古舘さんと比べると
そこまで番組において、強い存在を誇示しているわけではない。
ある意味、一般的なキャスターとでもいいましょうか。

代わりに、スーパーJチャンネルで個性的な発言を飛ばすのが、
四人のコメンテーターなのです。


まず、月曜の轡田さん。彼は大らかな人物。
一方で、感情的な発言が特に多く見られます。
そしてあまり難しいことを言う方ではない。
例えば先に取り上げた「飲酒追突3児死亡」 事故では、
涙ながらに飲酒運転を糾弾していました。
ちょっと、オーバーな印象があります。しばしば小宮さんも
圧倒されて、話題の切り替えに困っているような事もあるくらいで。

火・水の大谷さんは、轡田さんよりずっと落ち着いた物腰。
独自の分析で事件を評することを、かなり熱心に行います。
口調にしても、視聴者にベテランという印象を強く与える人物です。
一週間に二度登場するコメンテーターだけに、尚更イメージが強い。

木曜の萩谷さん、金曜の川村さんは上の二人ほど
出張ったイメージは無いのですが、独自の視点というのを
やはりお持ちのようです。時折むずかしい話が出ます。


さて、ここから僕の疑問なのですが・・・
四人のコメンテーター、彼らが番組にとって本当に必要なのかどうか。
それがよく分からないのです。


番組の”御意見番”といったところですが、
もともとスタジオでのやり取り(←いい言葉が見つかりません・・・)を
重視しているとは思えないスーパーJチャンネルにおいて、
主観的な意見を妙にどしどしと言う。このときはスタジオに
活気が出るのと同時に、番組のテンポも幾分ずれるわけです。

要するに、VTRとはベクトルが違うんですよ。
コメンテーターの発言の内容が。
僕は違和感を感じることが少なくありません。

とまぁ、説明が非常に多くなりましたが、
スーパーJチャンネルのコメンテーターについて大雑把に紹介すると
このような感じです。コメンテーター、発展すれば
「NEWS23」の筑紫さんのようなポジションになるのでしょうが、
このような存在って、番組にとって必要なのでしょうか。
時として、番組を乱しているような気もするのです。


≪番組データ≫
番組名:スーパーJチャンネル
放送局:テレビ朝日(ANN)
放送時間:16:54~19:00(地域によっては18:17まで)
キャスター:小宮悦子、坪井直樹


【村瀬 一路】

トップニュース調べ、二回目 2006-08-30

すっかり遅くなってしまいました。申し訳ありません。
昨日の、スーパーJチャンネルのトップニュースを取り上げます。


<昨日(8/29)のトップニュース>
●4:54 ~ 5:09「山口 女子学生殺害」
中谷歩さんが殺害された事件について・・・
スタジオを映さず、いきなりVTRからスタート。


○:「被害者のものとみられる(?)日記」を紹介
▽:被害者の父親へのインタビュー(ほんの数秒)

○:現場の様子をCGで紹介
▽:「事件当時の様子を知る学生」へのインタビュー
(記者に取り囲まれている)
○:昨日の中谷歩さんの足取りを紹介
(友人が電話するが繋がらない・・・)

○:番組ディレクター梅田さんが自らリポーターとして、
 被害者の自宅周辺を紹介
○:ナレーションで被害者の特技、家族構成の紹介
▽:近所の人へ被害者のことをインタビュー


□:被害者が生前に、自らの日記で
 7月 熊本市内で自分と同じ”あゆみ”という名前の女性が
 殺された事件について”恐い”と書き記していたエピソードを紹介。
 ナレーション「建築家を夢見ていた彼女の未来は突然奪われた。」

○:事件の特徴を紹介
~密室殺人であったこと。ただし合鍵は複数存在
~犯人は内部の人間か、それとも部外者かまるで分からない


□:被害者の日記を再び紹介。最後のもの。事件とは全く無関係な、テストを心配する内容。ナレーションで、彼女は事件に遭うことなど夢にも思わなかったのだろうと纏める。
5:02 いったんCM


5:04、CM明けはいきなりスタジオから。



○:キャスターの小宮さんがパネルを使い、
 被害者の事件当日の足取りを再度、詳しく紹介。


○:「被害者の死因」などの新情報を、梅田さんが現地から伝える。
 小宮さんが疑問の提示。
*独りになった直後に殺されたようだが、直前の様子は?
→ 誰と居たかなど詳しく紹介
*被害者も持っていたという、研究室の鍵はどこへ?
→ 梅田さんいわく「最大の謎」。分からないことが多いが、
 密室の様子など現在わかる限りの情報を紹介
*夏休み中ということだったが、事件当時、高等専門学校に居た学生はどれくらい?
→ 多くはなかったが、部外者と学生の明確な区別は不可能だった。質問終了


番組コメンテーターで、ジャーナリストでもある大谷昭宏氏がコメント。
彼女の周辺に本当に不審な人物は居なかったのか?
そこを徹底的に調べることが早期解決では・・・。 話題終了


08-28のトップニュース「飲酒追突3児死亡」と比べて、
さらに情報量が増えています。さすがに録画していないと、
追いきるのが難しいと思います。
具体的な犯人がよくわからない(昨日の時点では)事件では、
VTRも情報を垂れ流すような造りに傾いているな、と感じました。

僕はこの姿勢、案外正しいと思います。正しいというか、ある程度、
仕方の無いことだと思うのです。どれが重要で重要でないかは
分かりませんし、伝えられるだけ伝えたほうが良いと思いますね。
皆さんはどのように思われるでしょうか。


その一方で・・・被害者の日記を紹介するのは、
いわゆる”情緒的な報道”としての効果を狙っているのでしょうか?
とはいえ、明らかに事件と関係の無い日記となると疑問を覚えます。

あと、本日のトップニュースをちらと見ましたが、この事件でしたね。
既に容疑者について伝えられ、VTRも幾分まとまっている印象です。
加えて、遺族へのインタビューを大量に入れてました。
さっそく情緒的な報道の面も強まっています。
VTRの性格の移り変わりを見たような気がして、複雑な想いです。


≪番組データ≫
番組名:スーパーJチャンネル
放送局:テレビ朝日(ANN)
放送時間:16:54~19:00(地域によっては18:17まで)
キャスター:小宮悦子、坪井直樹


【村瀬 一路】

VTRの工夫 2006-08-28

今日から一週間ブログを担当します村瀬一路(カズミチ)です。
皆様、よろしくお願い致します。

テレビ朝日の「スーパーJチャンネル」が、僕のお気に入りのニュース番組です。普段からよく見ているのですが、番組について分析を試みたことはありません。よい機会に、この一週間、自分の好きなJチャンネルを中心に取り上げていこうと思います。

Jチャンネルでは挨拶無しに、いきなりニュースの紹介が始まります。
今日は試しに、トップニュースについて詳しく調べてみます。

○は今回の事故と直接関係のある話題、
▽はコメント(インタビュー)の類、
□はその他です。


<今日のトップニュース>
●4:54 ~ 5:05「飲酒追突3児死亡」

・祭壇に飾られた遺影をスタジオで紹介

4:54 VTR開始
○:「お父さんとお母さんが遺影を抱えて出ていらっしゃいました・・」
 VTR開始。まずは告別式の様子から
○:亡くなった児童の、生前の様子
▽:葬式の様子を「参列者」に聞き、
  彼らの言葉を通して、告別式の様子を伝える

○:事故の概要を説明(事故発生の経緯など)
▽:父親が登場し、事故当時の様子を証言
○:リポーターが事故現場から、現場の様子を伝える
▽:事故を目撃したタクシー運転手のコメント(何故か運転しながら)
▽:母親に、子供達3人を救おうとした時の様子をインタビュー
▽:祖父のコメント

○:容疑者の紹介(容疑者の評判は決して悪くなかったらしいが…)
▽:容疑者の姉にインタビュー(号泣している)
○:「ブレーキした痕がなかった」という情報をナレーションで

□:飲酒事故に関連して、1999年に起きた東京・世田谷区の事故を紹介。番組では今回の事故を”繰り返される悲劇”と位置付ける
▽:福岡市市長、山崎広太郎氏の記者会見?事件についてコメント(場所は屋外)
5:03、VTR終了。スタジオへ戻る


○:現場のガードレールは強度がもろかったという事実を、小宮キャスターが紹介
○:容疑者の、事件当日の行動を紹介
▽:コメンテーター、轡田隆史氏が事件についてコメント。話題終了



ニュース番組ではVTRの占める割合が大きいと思います。
スーパーJチャンネルはそれが顕著な番組の一つではないかと。
スタジオはほとんど使っていません。

VTRの内容をひとつひとつ確認してみて、わずか10分足らずの間に
ここまで色んな情報が伝えられていたという事実に驚きました。
普段は、何気なく番組を見ていたものですから・・・

スタジオよりもVTRのほうが話の展開が早く、
一回で聴き取る内容としてはかなり多いような気がします。
それでいて、VTRは番組のメイン。ならば恐らく、VTRには
視聴者に配慮した工夫がなされているのではないでしょうか。

VTRの内容をざっと見たところ、
インタビュー(もしくは記者の質問を省き、コメントだけいきなり流す)が
かなり多いような気がします。これが、一種の工夫ではないでしょうか。

具体的な効果として、語り手がVTRのナレーターから
いったんインタビュー対象に移ることにより、VTRにメリハリが生まれる。
(上手い例えではありませんが、役者が交代するようなものだからです)
僕はこのように考えたのですが、いかがでしょうか?

仮に僕の考えが正しく、メリハリをつけるためだったとしても、
ちょっとインタビューの類が多過ぎる気はします。
別に、僕はそれを悪いとは思いません。皆さんはどうご覧になりますか。



≪番組データ≫
番組名:スーパーJチャンネル
放送局:テレビ朝日(ANN)
放送時間:16:54~19:00(地域によっては18:17まで)
キャスター:小宮悦子、坪井直樹


【村瀬 一路】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-04 ≫≫
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。もちろん学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)