テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

台風中継は必要? 2006-08-18

こんばんは。予想以上にハードだということを実感する今日このごろです。
今日は、NHKの「ニュースウォッチ9」がNHKの通常のニュースとどう違うのか比べてみようと思ったのですが・・・

気になったことがあるのでそちらを書きたいと思います。
今日のトップニュースは、各局台風10号情報でした。そこで気づいたのは、
「NHKだけ“台風中継”がない」
ということです。

NHKのニュースでは、各地の様子(映像)に加え被害の状況(ナレーション)がほとんどでした。「住宅の屋根が壊れ、ビニールシートで覆っている」とか、「雨で濡れている看板をはずす店もありました」など、ナレーションと映像だけで十分被害の深刻さは伝わってきました。

それに比べ、昨日視聴したTBS「イブニングファイブ」フジテレビ「スーパーニュース」など(テレビ朝日、日本テレビ、テレビ東京は視聴していないのでわかりませんが)は、台風の被害が深刻な現場に記者を派遣し、「こちら、○○です!道路が一面、川のように冠水しています!」など見ればわかることを絶叫し、カメラは水滴で曇って見えないという状態での“台風中継”を行っていました。

この“台風中継”って本当に必要なんでしょうか?

と聞けば、おそらく大半の人が“必要ない”と答えると思うのですが・・・
ではなぜやっているのか?疑問が残ります。
推測としては、思いついた順に言うと
①地元の人の立場に立って報道したいから(地元の人もそんな波打ち際には行かないと思う)
②前からやってるから(死者がでてからでは遅いと思うのですが)
③必死さが伝わるレポートに、視聴者がひきつけられるから
④体を張ってますよ、ということを見せたいから

意外と③なのでしょうか・・・NHKは視聴率を比較的気にしなくていいからやらないのでしょうか。あのレポートで視聴率が大きく変わるとも思えません。私は必要ないと思います。

みなさんはどう思われますか??


≪番組データ≫
番組名:ニュースウォッチ9/放送局:NHK総合/放送時間:21:00~22:00/キャスター:柳澤秀夫、伊東敏恵
番組名:首都圏ネットワーク/放送局:NHK総合/放送時間:18:10~19:00/キャスター:小松宏司、内藤裕子
番組名:イブニング・ファイブ/放送局:TBS/放送時間:16:54~18:55/キャスター:三雲孝江、藤森祥平、小倉弘子
番組名:スーパーニュース/放送局:フジテレビ/放送時間:16:55~19:00/キャスター:安藤優子、西山喜久恵、須田哲夫

(私信:坂本先生へ→時計の設置とカテゴリーの整理、ありがとうございます。カテゴリーに承認されたものの中から「災害報道」だけ追加しました。)

【神田絵里】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-05 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)