テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

報道に顔写真は必要?NONFIX 表現の自由 2006-08-13

少し前の番組ですが、報道と写真を考えるうえでこの番組を外すことはできないと考え、取り上げることにしました。非常に考えさせられる内容です。

∇番組データ

番組名:NONFIX
シリーズ憲法~第21条・表現の自由「表現の自由と責任を取材の現場で考えた」

放送局:フジテレビ

放送日:2005年5月10日(火) 26:28~27:23

番組ジャンル:ドキュメンタリー

番組ホームページ↓
http://www.fujitv.co.jp/nonfix/index2.html


∇番組内容(ホームページから抜粋)

 真実の追求と取材される側の人権。報道の意義とスクープ合戦にみられる競争。憲法に保障された表現の自由を我々は取り違えていないか?「表現の自由」と「報道の自由」は何が違うのか?現場で取材にあたる報道の記者を通してテレビ報道について再考したい。

 事件が起きてまず必要とされるのは容疑者・被害者の顔写真だ。その写真を得るために記者は様々な難局にぶつかりながらも走りつづける。彼らはどんな躊躇をし、どこで線引きをしながら取材にあたっているのか?そこに人権侵害はないのか?
 会社としての取り組みはどうしているのか?顔を映さない取材、これは過度な自主規制なのか?そもそもモザイク処理はオウム事件から激しくなった。また海外メディアは日本のモザイクをどうみるのか? どうしたらマスコミ不信がなくなるのか?表現の自由・人権の間で最善の取材とは何なのか? 取材は引けない、でも考える事を止めてはいけない。
 テレビ報道にとって避けて通れないテーマ。冷静な目線で現場を見る事で起きる苦悩・自己矛盾・葛藤こそが、メディアとして21条を考える事になるのでは?


∇番組の流れ
フジテレビ報道局・社会部記者
上法 玄(じょうほう はるか)27歳入社4年目
を追いかける形で番組は始まる。
彼のいつもの朝一番の仕事は、出勤する警察官を待ち受け話を聞く【朝回り】から。
*朝回り・・朝、取材対象を自宅前で待ち受ける取材
この日は話は聞けず。
日本国憲法二一条の説明
1、集会結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2、検閲はこれをしてはならない。通信の秘密はこれを侵してはならない。

ナレーション
様々なニュースをペンとカメラで記録し、伝えてきたマスコミ・報道機関にとって報道の自由は社会の異変を伝え、権力の不正を暴く際の大きな後ろ盾になってきた。だが、報道機関は自らその後ろ盾を傷つることななかったのか?憲法の後ろ盾に守られた自分達の取材のあり方がどうあるべきかについて、いま悩んでいる。

東京・練馬区 アパートで3歳の娘を虐待し、死なせた母親が逮捕された。
上法は【地取り】と呼ばれる聞きこみを開始する。
*犯人の足取りを調べること、転じて記者が事件現場周辺を歩いて取材すること
マイクを向けられた側の気持ちとは?
アパートの住人
「やっぱり嫌ですよね正直。でも隣に住んでるんだから、まあ仕方無いのかなという感じで答えてたんですけど」

女児が通っていた幼稚園の園長
「困りますね。取材だから、あるいは報道をすることで次の犯罪の抑止になるとかそういう理屈は分かるんだけれども・・・」
取材する側と取材される側、表現の自由の元で取材する側のマスコミは真実を伝えようと懸命だ。しかし時として取材される側に傷を負わせてしまう。

フジテレビ前で他局に逆に取材されてしまう(ライブドア報道について)
取材される側の二つの恐怖
1、突然マイクを向けられることへの恐怖
2、自分自身がたくさんの人へマイクを向けてきた恐怖

東京・墨田区の病院(04年末)
入院中の男が同じ部屋の患者ら3人を刺し、2人が死亡する事件が起きた。
上法は地取りを開始する。写真が欲しい上法。容疑者や被害者の写真は、かつては警察から配られていたが、人権配慮から現在はマスコミが独自で入手している。写真は記者の能力、努力の結果として評価される。

写真は前の男が関係していた会社にあった。
写真1枚にかける激しい競争、それがあるのと無いのとでは事実の重みが違う。

霞ヶ関のフジテレビ警視庁記者クラブ 畳12畳ほどの広さに8人が常駐する。早く正しく確信をつかむ報道、それには警察の情報を得ることと同時に被害者や犯人、関係者の写真や映像を他社より早く多く入手することが求められる。

さいたま市・ドンキホーテで放火事件
近くの住宅街で地取り取材。亡くなった3人の従業員の顔写真を求めてさまよう。だが話さえ聞いてもらえない。
被害者や関係者に写真を求めることについて?
(下を向いて)上法「いたたまれないですね。でも躊躇してたらはじまらない。自分達がやっていることがいい加減ではないということの証というか、そういうものだと僕は信じている。」

結局写真は見つかり夜のニュースで流れる。

報道局員に配られるテレビ報道人ハンドブックから
「報道される側の心の痛み、人権に配慮し善意の国民を傷つける凶器とならないよう節度ある対応が必要です。」

茨城県・土浦市
28歳の男が両親と姉3人を殺害し逮捕された。
フジテレビ報道センター。社会部のデスクはここから現場に直接指示を出し、届いた映像を編集し放送する。
ここでも聞こえるのはやはり写真の重要性。

他社が見つけた犯人の顔が映った高校の卒業アルバムに群がるマスコミ各社。
現場の記者「ただ必死。僕らは批判されてもしょうがない立場。」

最後まで見つからなかった姉の写真をフジの記者が独占入手
「他社がいるところではなるべく走らない。独占ですから」

マスコミ各社の競争、それは新たな事実を突き詰めて行く一方で、人権への配慮とバランスをとることを難しくする。

だが、そうしたことに異議を唱えるテレビ局がある。
兵庫県・神戸市 サンテレビは全国ネットワークには属さない独立局

事件報道への新たな取り組み
サンテレビ報道部「名前や写真というよりも、なんで殺されたのかのほうが関心が高い。ウチはこれ以上の取材は考えていない。」
ある殺人事件で他社が実名報道する一方、サンテレビの報道は実名を出さなかった。サンテレビがすべて匿名というわけではない。ひとつひとつ関係者
のことを考えその都度、慎重に判断する。

取材する側とされる側、その関係が少しずつ変わっていく。
サンテレビはその関係に一石を投じた。


~以後人権、プライバシー、モザイクの扱いについてなので省略~

結論

写真は結局、各テレビ局の勝ち負けになっている。
でも写真が無いのはそもそも負けなのか、突き詰めると負けではないが、今のテレビ局の競争によると負けになってしまう。放送で知り得ないところで各社が責めぎ合う、そこが一番むずかしい。事実の追求か、人権への配慮か。


この番組は今まで知り得なかった事件報道の裏側が見られて非常に勉強になり、またショッキングでもありました。
事件報道がどこまで許されてどこでストップをかけるのか、その大きな課題は今後もずっと続いていくのでしょう。
私の考えとしてはやはり事件報道に写真は必要だと思います。犯人の顔を具体的にイメージできるのとできないのでは、やはり事件に対する見方は大きく変わってくると思います。このような事件が世の中のどこかでこのような人達が関わって起こったということを世に伝えるためには、真実を伝える意味でやっぱり必要でしょう。
しかし、遺族感情や本人のプライバシーなどを考えたとき、どこまでが許されるのか、それはもうテレビ局の競争ではなく、写真を扱う各報道記者の人間性にかかっていると思います。


【山田健人】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)