テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2012年度の授業テーマは「[実践!]ネットは放送を殺すか?──ネットを理解することで、放送をより深く知ろう」。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮ミサイル発射 2006-07-10

7月10日から7月16日までこのブログを担当することになった正留英一です。
書き込みが遅れてしまい申し訳ありません。これから一週間よろしくお願いします。

今回は「とくダネ!」について述べたいと思います。なぜ「とくダネ!」を選んだのかというと、理由はただ単に、先生が「「とくダネ!」はよくできている。」といったから。ただそれだけ……

なぜよく出来ているといえるのか?それまで「とくダネ!」をちゃんと見たことはなかったのですが、これをきっかけにビデオまでしっかりとって検証してみました。感想としてはやはり先生が言ったように、よく出来ているなと思いました。

「とくダネ!」は討論とまではいかなくとも、ある種、討論的な要素があるように思いました。討論とはひとつの問題に対してたくさんの意見を交え、答えを導き出すというものですが、「とくダネ!」もひとつの事件に対して様々な意見をコメンテーターや専門家から様々な意見を取り入れることで多角的な視点でニュースを見ることが出来ます。そこが「とくダネ!」のよいところだと思いました。

さて本題に入りましょう「とくダネ!」の主なトピックは次の五つ。
・ W杯決勝。速報ジダン引退試合。
・ 滋賀 酒気帯び運転で母子死亡。
・ 阪大生母親を撲殺。
・ 北朝鮮ミサイル問題。
・ 地域格差をなくせ!今求められる抗がん剤専門医を特捜せよ!

今回は四番目の北朝鮮ミサイル問題について触れたいと思います。
このトピックの終盤で額賀防衛庁長官の北朝鮮ミサイル基地を自衛隊が攻撃できるかどうか、法律面を含め検討すべきという旨の発言に対し、関東学院大学教授丸山重威教授が下のようなコメントをしました。内容を簡潔にまとめると次のようになります。
笠井アナ「額賀防衛庁長官の発言についてどのように思いますか?」
丸山氏「大変危険な発言であり、政府がすべきことはそういうことにならないようにどうするかであって、(ミサイルが)打たれた先の話をすべきではない。」
笠井アナ「有事法案関連法で武力攻撃を規定したがそれを根拠にその筋で話を進めていくという論法は成立しないか?」
丸山氏「九条の条項に書いてあるというだけでなく、戦争を二度とやらないと私たちは決意をして、その中で国際的な関係を築くという発想の中で日本国憲法は作られた。政府は攻められたらどうするかばかり考えている。攻められるのではなく攻められないようにどう話を深めていくかというのをやらなければダメだと思う。また政府当局者はこのような発言をすべきではない。北朝鮮にそのようなことをしないで欲しいといえる関係を築くことが大切。」

素朴な疑問として私は「じゃあどうすればいいの?」と問いたくなった。
確かに丸山氏の意見は正論であり、それで解決するのは理想ではあると思う。しかし事態がここまで進んでいる今、攻められたときのことを考えて対策をとっておくのは間違いではない。これまでの外交上の経験から話の通じない相手であるのはわかりきったことなので後のことを考えるのは仕方がないことではないだろうか。

一方で額田防衛庁長官の発言にも疑問が残る。そのような発言は自衛隊の成否についてもいえるが、憲法九条に反しかねない。ましてやアジア近隣諸国が不信感を抱くのは間違いないだろうと思う。

《番組データ》
     番組名/とくダネ! フジテレビ系/
     月曜~金曜 朝8:00~9:55放送/ 司会/小倉智昭・笠井信輔


        【正留 英一】
スポンサーサイト

みのもんた「サタずばッ」 2006-07-08

最近天気がよくないですね。まだ梅雨明けしてないですもんね。
でも今年の梅雨はあまり雨が降っていないような。
あまり寝る時間がないのでボーっとしてます。
月曜のイタリア語(初心者なのに上級クラスを取ってしまったバカな私)のテストが不安。だけど勉強する時間があるなら今は寝たい。
食べもしないのにアイスを3つも買ってしまった。(思考回路マヒ?)
…とか愚痴言ってみました。
みなさんこんな私のブログにお付き合いありがとうございます。

きのうの報道STATIONでみのさんが「サタずば」と連呼していたので洗脳されるかのように、今日は「みのもんたのサタデーずばッと」にしました。朝ズバッ!のほうも見たことなくて、どんなものか全くわからなかったのですが、みのさん節が全開ですね。
ゲストの葉さんが、みのさんの天丼のようなワンパターンの質問にうんざりしているようにも見えましたが。
みのさんは自身で発言するというよりも、ゲスト同士の会話を結ぶ役割のほうが多いように感じました。
ゲストを一列に並べず、真ん中に自分が立ち、両サイドに分けて話をさせるのは見やすいと思いました。

さて。番組の大半で時間を割いていたのがやはり北朝鮮のミサイル問題。
ソン・イルホ国交正常化交渉担当大使(こんな役割の人がいたなんて知らなかった!)の発言が物議を醸していました。

 「日朝関係は最悪を通り越して対決の局面にある」(字幕テロップより)

対決!?何のでしょう?
が、正直な印象。
また

 「今後破局的な状況が発生すると思います」(同テロップ)

とも。
破局的な状況を作りだそうとしているんですね…
過激だなぁと思いました。

すると、やはりこの発言についてゲストのみなさんがコメントをしていました。
北朝鮮は、このような発言に対して日本が過剰に反応することを望んでいる。また、北朝鮮や韓国は事実よりもコトを大きく話しすぎる傾向にあり(120%くらい)それに比べたら日本は7割くらいでしかものを言わない、と指摘していました。
文化の違いなので仕方がないかな、とも思ったのですが対話する上でこの差は大きく、真意をありのまま伝えられない日本の弱さが問題だと思いました。
国際的な対話の場では、日本特有のつつましやかな美学などは必要ないし、逆効果であると思います。やんわり伝える、ということが通じないのだからもっと本音をぶつけてみるべきではないでしょうか。強く言わないから、とナメられている気がしてなりません。
強く言うことによって抑止力がはたらく、ということも論議の中に出てきていました。その通りだと感じます。
言葉は悪いですが、このままだと北朝鮮はますます調子に乗ってしまいます。
そして日本は対話で解決の方向に持っていきたいのであれば、言葉を武器として考え、選び方を考えるべきではないでしょうか。

ところで日本国の総理大臣はミサイル騒ぎがあってから公式の場で発言をした記憶がないのですが…


≪番組データ≫番組名:みのもんたのサタデーずばッと/放送局:TBS系列/放送日時:7月8日午前5:45~7:30(土)/キャスター:みのもんた/下村健一/堀井美香/山内あゆ/お天気キャスター:小林豊/ゲストコメンテーター:岩見隆夫/山本一太/白眞勲/葉千栄/神浦元彰

    【荒川 貴子】

ミサイル発射への日本の姿勢 2006-07-06

うわーーーー・・・
途中まで書いたのに操作ミスで消えてしまいました…。戦意喪失。がっくし。

でも気を取り直してこんばんは。おもしろいものをみつけました。
借金時計
借りてるつもりはないのに、こんなに借金があると言われても…変な気分です。
それと、みなさんコメントありがとうございます。とても励みになるのでこれからもおねがいします!

今日も北朝鮮のミサイルのニュースについて。
朝鮮中央テレビの放送は以下のような内容でした。(字幕テロップより)
「今回成功裏に行われたミサイル発射は 自衛的国防力の強化のため わが軍隊が正常に実施した軍事演習の一環である 主権国家としての合法的権利でどのような国際法や日朝ピョンヤン宣言 6か国協議の共同声明などにも拘束されない」

それに対して、日本の麻生外相は
『弾道ミサイル発射自体が 日朝ピョンヤン宣言に違反している』(発言内容がまとめられたテロップより)
という内容の発言をしています。

両国の捉え方は真逆です。
そもそも日朝ピョンヤン宣言とは何なのか?
私自身よくわからなかったので調べてみました。⇒外務省ホームページへ
最も関係ありそうな部分だけ抜粋させていただきます。
「双方は、国際法を遵守し、互いの安全を脅かす行動をとらないことを確認した。」(3より)
「双方は、朝鮮半島の核問題の包括的な解決のため、関連するすべての国際的合意を遵守することを確認した。また、双方は、核問題及びミサイル問題を含む安全保障上の諸問題に関し、関係諸国間の対話を促進し、問題解決を図ることの必要性を確認した。
 朝鮮民主主義人民共和国側は、この宣言の精神に従い、ミサイル発射のモラトリアムを2003年以降も更に延長していく意向を表明した。」(4より)

ミサイルが日本の方角に飛んできたこと。これは安全を脅かされているのだから、麻生さんの意見は正しく思えます。
しかし、北朝鮮側は軍事演習を目的としたミサイルの発射だとしていますので、危険を与えているわけではないと言われれば宣言に違反していないとも取れます。
宣言の言葉が曖昧な気がします。

ところで、迎撃ってどうなっているのでしょう?
きのうのミサイル発射の報道は、驚くほど遅いものでした。
もし日本に向けられた場合、発射から数分で日本に到達するというのに何時間も経ってから情報が送られてくるようでは無意味ですよね。
ミサイルが日本の方角に発射されているのになぜ迎撃しなかったの?と思っていたら、額賀防衛庁長官がこのようなコメントをしていました。(テロップより)

「迎撃態勢はいかなるミサイルに対しても 我々は国民を守るすべを持つ訳ではない 従ってその監視レーダー網の整備に注力すると同時に迎撃面においても 米国と協調のうえこの態勢を一刻も早くこの形を作っていきたいと思う」

えー…つまり今はミサイル飛ばされても迎撃はムリ!
ということですよね。
一刻も早く~と言ってますけど、北朝鮮がミサイルの発射を準備したという情報はずいぶん前に入っていたはずです。
なのに迎撃の態勢を整えていないのには何か理由があるのでしょうか。ただ間に合わなかっただけでしょうか。というよりも迎撃はいつミサイルが撃たれても大丈夫な状態にあるべきものだと思うのですが、違うのでしょうか。もし次にミサイルが飛んできても絶対迎撃などできないだろうと半ばあきらめた気持ちになりました。

≪番組データ≫番組名:NHKニュース7/放送局:NHK/放送日時:7月6日午後7:00~7:30(毎日)/キャスター:安部 渉/お天気キャスター:半井 小絵

追記。署名忘れてました。スミマセン。

   【荒川 貴子】

北朝鮮ミサイル発射 2006-07-05

書くのが遅くなってしまいすみません。
もう朝ですが、日付は5日にします。

今日のニュースと言えばもちろんミサイルですね。
その前にまたしても私事で申し訳ないのですが、うれしいことがあったので書かせてください。
さきほどバイト先で急に「今日の朝日新聞を見てごらん」と言われました。
午前0時すぎ、帰宅して新聞を見てみると、朝刊の31面(東京/西武 都心)に
  「音楽祭」支える毎日のゴミ拾い
と題した記事が写真と共に大きく載っていました。内容は明日(6日)から始まる北沢音楽祭について、また私のアルバイト先であるライブハウスが地域商店街とどのように接しているかが事細かに書かれていました。
写真に写っているのは仲良しの先輩、そして店長のコメントも載っていてビックリ!普段あたりまえにやっている『掃除』という地味な仕事が、新聞に取り上げてもらえるとは想像したこともなかったのですごくうれしく思いました。
最近下北沢という街は映画にもドラマにも使われて盛り上がっています。
音楽や演劇、たくさんのパワーが溢れている街なのでぜひあそびに来てください!


さてさて、宣伝はこのへんにしておいて本題です。
北朝鮮からミサイルの発射。
今日見たニュースではやはりこの情報が中心でした。
事の全容を書くのは難しいので、今回は私がこの情報たちをどのように受け止めたか、を書きたいと思います。
私が知った第一報は、『笑っていいとも!』の番組中に入った安倍官房長官の会見。
午前4時すぎまで起きていた私は、『めざにゅ~』を少し見てから眠ったので、朝の時間帯のニュースなど見ているはずもなく、世の中がこんな騒ぎになっているとも知らずに昼まで悠長に寝ておりました。笑っていいとも!を中断するくらいだからそれは大変なことだよな、と思う一方、全く焦りのない冷静な自分がいることに驚きました。
私だけでなく、日本国民はたいして危機感を覚えていないのではないか?とも思いました。
理由は、街が静かだからです。
本当に国民が危機感を覚えたら、黙ってはいないと思うのです。いつものように仕事をしたり、学校に行ったり…そんな余裕なんてなくなるはずですから。しかし私の感じた限り、街はいつもどおりでした。

録画していた夕方のニュースで北朝鮮のミサイル発射の一部始終を教えてもらうことができて、完全に話題に乗り遅れた私もやっと追いつけた気がしました。
番組開始時では発射されたミサイルは6発でしたが、途中で7発目が確認され、番組は一時緊張した雰囲気になりました。
番組前半には元防衛庁長官の石破茂さんと軍事評論家の宇垣大成さんがゲストでコメントを。後半のゲストは軍事評論家の岡部いさくさんでした。
コメンテーターの話すことは、やはりちょっとムズカシイと感じました。彼らが当たり前のように使う専門用語もひとつわからないだけで、文全てがわからなくなったりもします。キャスターはそのような文やコトバもわかりやすく砕いてより視聴者に伝わるように努めているのがすごくわかりました。

また、私はこの番組中ですごく許せないことがありました。石破元防衛長官の態度です。
石破さんは質問を受けているときも、自身が話しているときも常にキャスターの安藤さんのほうばかりを向いて話していて、カメラには目もくれませんでした。
安藤さんの質問に相槌を打つときも、「うん、ウン」と。なぜそんな上から目線なんだろうと感じてしまいました。もちろん本人はそんなつもりないかもしれませんよ。しかし、「はい」「えぇ」などでなく「うん」と相槌を打つことは安藤さんに対して失礼だと思うし、安藤さんは視聴者を代表して石破さんと話をしているわけですから、国民に対しても横柄な態度を示してるように感じたのです。日本が危機的状況なら、自分が知っていること、わかっていることを国民に伝えるべきです。しかしカメラのむこうに国民がいることがわかっているにも関わらず、カメラを見て話せないなんて正直言って残念です。目を見て話さないことにはどんなに的を得た発言であっても人には伝わらないものです。
今の防衛庁長官でなくてよかったな、と思いました。ひとの目(カメラ)を見て話せない人に国防を任すなんていやです。

と、気になったことがつい極端な話に発展してしまいました。
3週間ほど前の授業後だったと思いますが、坂本先生はここ1~2週間北朝鮮の動きをよく見ておくように、とおっしゃっていました。
私はどこかで、根拠などないけれどミサイルなんて飛んでこないだろう、と楽観視していたらこの様ですよね。
できれば私のブログ当番中は北朝鮮には派手なことをして欲しくありませんでした。北朝鮮の問題は非常に扱いづらく、微妙だ、と先生もおっしゃっていたように思います。歴史や経済や外交が複雑に絡み合っていて、解決の糸口がどこにあるのか私には見当もつきません。
ただこのように少し真面目に報道番組を見て勉強することが真相をつかむ上ではとても大事なことだと思います。
日本にテポドンが飛んでこないことを願いつつ今日は寝ます。
長い上にあまり実の無い文章ですみませんでした…おやすみなさい。

≪番組データ≫番組名:FNN スーパーニュース/放送局:FNS系列/放送日時:7月5日午後4:55~7:00(月~金)/メインキャスター:安藤優子・西山喜久恵/キャスター:須田哲夫・木村太郎/お天気キャスター:石原良純/ゲストコメンテーター:石破茂(元防衛庁長官)・宇垣大成(軍事評論家)・岡部いさく(軍事評論家)

追記。自分の名前書くのを忘れていました。
       【荒川 貴子】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-03 ≫≫
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。もちろん学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。