テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

「ニュースJAPAN」についての考察 2006-07-12

今日は「ニュースJAPAN」について触れたいと思う。司会の滝川クリステルに見とれつつ番組について考察してみた。

トピックとそのトピックに割かれた時間配分は以下のとおりだ。

トピック 時間配分
1、“激安家電”の秘密。窃盗の一部始終。     1分15秒
2、新宿高島屋で飛び降り。男女三人巻き添え。 40秒
3、渦中のジダン「真相」告白か? 4分30秒
4、安保理協議「制裁」か?「議長声明」か?  6分15秒
5、小泉首相・イスラエル首相「目には目ではなく」 45秒
6、「ゼロ金利解除」へ。住宅ローン金利政策は? 4分20秒
7、中村獅童「酒気帯びで」謝罪。 25秒
8、岡山。車が住宅に突っ込み爆発炎上。 30秒
9、貴重映像、マツバガニ脱皮。 22秒
10、中学教師が女子更衣室に“盗撮”カメラ。 30秒
11、インド同時多発鉄道テロの衝撃波。 1分29秒


私の目を引いたのは、インド多発テロに割かれた1分29秒という時間。12日朝に放送された「みのもんた朝ズバ!」(TBS系)ではこの事件をトップに置き、大きな時間を割いて放送していた。
スクープ性があったために朝は多くの時間を割いたというのもいえるが、朝と夜でこうも違うものかと驚いた。


たとえばワイドショーにおいては他の時間帯に比べると芸能関係のニュースに多くの時間割くことが多い。テレビはどれだけ視聴率を稼げるかというのが一番の目的である。したがってその時間帯に見るであろう視聴者層(ワイドショーであれば主婦層)をターゲットに番組の構成や各トピックに割く時間配分を考える。放送時間帯が一緒であってもそのニュース番組の「色」(どのようなニュースを重視するか)によってもニュース内容や割く時間は変わってくる。

この「ニュースJAPAN」に関して言えば、「住宅ローン金利政策」に対し、トピックの中で三番目に時間を割いている。「ニュースJAPAN」の時間帯は23時30分から23時55分。この時間帯に起きている年齢層は大体が若者か、もしくはサラリーマンなどの中年層。中年層にとって「住宅ローン金利政策」のニュースは生活に関係してくる問題であり一番身近な問題である。

ジダン退場、安保理協議、住宅ローンのトピックに多くの時間を割き、インド多発鉄道テロをあまり大きく取り上げなかったのは、製作者は前者の方が視聴率を稼げると思ったからなのだろうか?

また私は逆にテレビの報道の仕方で視聴者のそのニュースに対する関心の度合いを操作することが可能なのではないかとも思った。

たとえばインド多発鉄道テロのニュースをトップに持ってくるのと後に持ってくるのとでは視聴者のそのニュースに対する印象は全く変わってくる。トップニュースに持ってくる、あるいは大きな時間を割く事件は視聴者としては今、起こっている事件の中でも特に大きな事件、注目すべき事件であると錯覚することがあるのではないだろうか?

このように時間を計って番組を考察することでテレビ製作者側の意図や思惑が見えたように思う


《番組データ》LIVE2006「ニュースJAPAN」
キャスター/ 松本方哉 滝川クリステル
放送時間/月~木 午後11:30~1155
金 午後11:50~*
 *オフィシャルサイトで調べたのですが金曜は午後11:50~としか書いておらず詳しい終了時間はわかりませんでした。


【正留 英一】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)