テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短時間集中で伝えるニュース 2006-10-24

今日は、普段見ていない、速ホウ! をみました。他の番組と違って、時間が短く、だらだらと話してないところが好感を持ちました。


番組内容は以下です。


4時53分~   5年半で出勤8日
        奈良の「病欠」職員 懲戒処分へ


4時56分~   補選は自民2勝
         民主・小沢神話に「?」・・・


5時~      佐藤前知事に出頭要請 



5時01分~   京都・3才餓死
         相談所、家庭訪問怠る


5時07分~   出産直後の母親、赤ちゃんを置き去り


その後・・・   ・元雑誌編集長を逮捕
         ・「いじめ自殺」で緊急会議
         ・「君が代妨害」の処分取り消し
         ・郵政公社が「冷凍小包」参入へ
         ・「金総書記   謝罪せず」



5時13分~   中越地震から2年
         被災者住民は今・・・


5時20分~   天気予報


5時22分~   円相場


5時23分~   東レ水着キャンペーンガール紹介

以上




慌しい報道番組だったが、内容把握するだけならこういう番組の時間配分でもいいと思う。
今回、速ホウ!をみて、朝や夕方放送されるほかの番組が、出演者がそれぞれの事件についてあれやこれやと談話するため、だらだらと時間が使われているような気がした。




               高畑 匠子
      
スポンサーサイト

夕方のニュース番組「速ホウ!」 2006-07-04

こんばんは。荒川です。
私事ですが今日前期試験をひとつ受けてきました。
芸術学部はまだ試験期間ではないのですが、私は相互履修という制度を使って商学部に通っているので、そちらのテストでした。4年生にして別のキャンパスに通うというのはなかなかワクワクして楽しいです。なにより工事中の狭くて暗い江古田に比べたら、敷地内に芝生や噴水がある砧のキャンパスは晴れやかな気分になれます!3年生のみなさんいかがですか?おすすめですよ。受講登録は面倒だけれど…

さて。前置きが長くなりましたが本題です。
今日は時間帯を変えて夕方、そして昨日に引き続き見たことのない番組を見ることにしました。
  『速ホウ!』テレビ東京
男性キャスター(赤平 大さん)の最初の挨拶が「今週からリニューアルした速ホウ!です」だったので、どうやらこの形態では2日目のようですが、前の状態がわからないので比較はできませんでした。残念。
取り上げられたニュース、最初の3つは以下の通り。

・トレス被告に無期懲役-あいりちゃん殺害事件
・神奈川県警うそ報告警官身分偽る
・中田英寿現役引退

見ていて気になったのが、中田英寿引退に対してのコメントVTRでした。
日本代表前監督のトルシエ氏がこのように言っていました。(翻訳テロップより)
「中田の決断には大変驚いている 新しい代表でも真のリーダーになれたのに本当にがっかりだ」と。
一体トルシエは何にそんなにがっかりしているんだろう・・・?
もう日本代表の監督でもないトルシエが中田に何か期待していたのだろうか?と。
さらに疑問が増し、どういうふうな質問をしたらこのような答えが返ってくるのか知りたくなりました。
トルシエ以外にも中山雅史・川口能活・三浦知良と現役選手からのコメントもありましたが、インタビュアーが映っているわけでもなかったのでどのような言い回しで質問したのかはわかりませんでした。
画面の右上には「突然の引退宣言 周囲の反応は…」とテロップが出ていました。
しかし、聞きかたによって答えは変わってくるはずです。

①「中田選手が現役引退を表明しましたが、どう思われますか?」

②「中田選手はまだ29歳ですが現役を引退するそうです。中田選手は才能にあふれていて、まだまだ活躍のチャンスもあるし、彼を欲しいと願うチームはいくらでもあるはずですが、この決断をどうお考えですか?」

③「中田選手が現役を引退するそうですが、彼はサッカーのほかにも東ハトの役員を務めるなどしてきましたから今後はビジネスのほうでも期待できますよね?」

この3つでは大きく差があります。
もちろんテロップの通り、反応を聞くという点に関しては一緒だと思いますが、①は自由に発言できる可能性が大きくあるのに対し、②は引退を惜しむ方向に意見を持っていこうとしていて、③は今後別の活躍にどんな期待をするか、を聞き出そうとしています。
②や③では本心とは違うように誘導されてしまう可能性があります。
実際このインタビューがどのようなものかはわかりませんが、明確な質問がわからない以上、このようなインタビューだけをその人の意見として丸呑みしてしまうのはいかがなものかな、と考えました。

《番組データ》番組名:速ホウ!/放送局:TXN系列/放送日時:7月4日午後4:55~5:25(月~金)/キャスター:赤平 大・大江 麻理子

     【荒川 貴子】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。