テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

エレベーター事故報道について 2006-06-08

今日、「秋田県小1殺人事件で逮捕された容疑者が殺害についても前面自供した」というニュースが流れました。明日からは徐々にこの事件に関する報道も減ってくるのではないかと、私は考えています。
同じテーマの報道検証を毎日書く難しさを痛感している今日この頃ですが、気分転換に一度、秋田小1殺人事件の報道についてはお休みして、エレベーター事故の報道について書きたいと思います。

この事件も大きく報道されているので皆さんご存知だと思いますが、今月3日に東京都のマンションで高校生がエレベーターに挟まれ死亡した事故がありました。昨日には、警視庁がこのエレベーターを製造していたシンドラー社を家宅捜索しました。今日はテレビ朝日の『報道STATION』を見てみました。

毎日朝から晩までこのニュースが報道されています。以下が概要です。
・事故のあったエレベーターでは3年間で40件以上の不具合があった。
・今回事故のあったエレベーターだけではなく、全国に設置されているシンドラー社のエレベーターに沢山の不具合が見つかっている。
・日本だけでなく、海外でも死亡事故が多発している。

どこの報道番組も同じですが、日を追うごとにシンドラー社製のエレベーターの不具合の件数が増えていっています。しかし今回、報道ステーションでは、シンドラー社製のエレベーターの不具合だけでなく、他社で起きたエレベーターの事故についても、2件触れていました。それを通じて「どうしてこの教訓が生かされなかったのだろう」と伝えていました。

ここで私が注目したのは「教訓が生かされなかった」ことではなく、他社のエレベーターの事故についても触れていた点です。この事件が報道され始めた時から思っていたのですが、一体エレベーター事故の数の基準はどこにあるのか?シンドラー社の事故の件数が異常に多いのは分ったが、じゃあ他の事故の基準はどこにあるのか?そもそもエレベーターはどのぐらいの頻度で点検しなくてはいけないのか?等々・・・。

普段報道されないものだからこそ、そこで起きた事件についてだけ報道するのではなく、もっと突っ込んだ報道が必要な気がします。そして、一体何を基準にして事故が多いといえるのか?(今回のエレベーターの不具合は件数が多い気はしますが。)その基準も伝える事も必要なのじゃないでしょうか?

《番組データ》
番組名/報道STATION テレビ朝日系/月曜~金曜21:54~放映/司会 古館伊知郎・河野明子・加藤千洋・他/

【森 智徒勢】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-05 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)