テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

やはり人の手によって出来ている 2006-07-20

お笑い芸人[極楽とんぼ]山本圭一の未成年に対する飲酒行為、淫らな行為、吉本興業との契約解除、今後の活動
中止…あっという間のことで少々混乱する。
17日に少女からの被害届を受け、19日には吉本興業は緊急会見を行った。
そして同日、加藤はメイン司会を務める朝の「スッキリ!!」の冒頭で謝罪を行った。
加藤は山本の処分に対し、“解雇は厳しすぎるのでは?”“事件には全く関係がないので、これまで通りの活動をお願いしたい”とした。加藤は一人芸能活動を続けていくこととなっている。

私は加藤が謝罪した「スッキリ!!」をリアルタイムでは見ていなかったのだが、非常に胸打つものであり、冒頭のたった2分という時間だが、とても、とても何かこう伝わってくるものがあり思わず涙ぐんだ。
番組ではこの日、この冒頭の加藤の謝罪以外この事件に対しての報道はなかったという。
しかしネットでのこの加藤の謝罪の動画配信のアクセスは10時間経つか経たないうちに120万hitを記録したそうだ。
この「スッキリ!!」はメイン司会が加藤、その相方の事件となれば報道の時間を設ければ視聴率は必須だった。
ではなぜ、冒頭の謝罪のみでそのあと時間を設けなかったのか?
今日友達とそんな話になった。
テレビ局、番組、それぞれが全て数字で評価されている今、そこに食いつかなかった日本テレビ。
加藤の謝罪の後、隣の阿部アナは声が震え目には涙が見えた。
つまり、そういう事なのだろう。
加藤がメインを務める番組だからこそやらない、やらせたくない、やれない。
私はここに人がつくるものの温かさを感じた。
ブラウン管から感じる久しぶりの温かさだったと思う。
冒頭2分の謝罪で事件の深刻さ、重大さは十分伝わるものだったのだと思う。

見ていない人は見て欲しいです。
下のURLから見れると思います。

http://www.youtube.com/results?search=極楽とんぼ


●番組データ
番組名/スッキリ!!
放送時間/毎週月曜―金曜 8:00~9:55
放送局/日本テレビ
出演者/加藤浩次、テリー伊藤、阿部哲子


【米山 明李】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)