テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストという仕事 2007-10-14

奈良の調書流出事件、鑑定医を秘密漏示容疑で逮捕と読売新聞。情報源を秘匿できず、情報提供者を守れないジャーナリストは、その点では失格。単純に、信用を失い、今後は危なくてその者に大事なことを話せなくなるから。出所が限定される(あいつかこいつかと絞めていけば特定できる)資料はダイレクトに使うべきではない。法律違反に問われる可能性がある場合は、情報をくれとメールを打つべきではない(証拠が残らないよう)し、書類は手袋をしてコピーすべき(指紋が残らないよう)。基本がなってない

●そのことと、ジャーナリストの仕事に社会的な意味があるかどうかは別。「情報源はバレるかもしれないが、敢えてこの問題を明るみに出す」というジャーナリストの判断はありうる。そのときは、情報源に「覚悟してくれ」というべきで、情報源が「あんな形で使うとは思っていなかった」と漏らすようではお粗末。私ならば、ある子どもにもその父親にも長時間話を聞かず、当局が取ったその子どもの供述調書とその他の周辺取材だけに基づいて、「ある子どもが自分の父親を殺そうと決断した」(本のタイトルはその意味)という結論を出すことは、絶対にしない。単純に、その手法で事実に迫ることはできないから。その手法では、まったく犯罪に関与していない者が無罪かどうかすら判別できない。富山の冤罪事件で、同じ手法で「俺は女を犯そうと決めた」という本を書けば、これはただのバカ。子どもは何をやったかすら、夢のようにわからなかったかもしれないのに、事件直後、子どもの専門家でもない当局担当者がキリキリ追いつめて取った調書に、どれほどの意味があるかは、当の子どもに(信頼関係を構築したうえで、長時間、慎重に)話を聞かなければ判定不能。そう思わない者に子どもの問題がわかるはずがない。だから私は、問題の本をもちろん読んでいません

●表現の自由は、以上と密接に関わるが、また別の問題

以上、テレビ報道を考える際にも参考になるはず。

【すべてを疑え!! MAMO's Site<日録メモ風の更新情報>2007-10-14から】 坂本 衛
スポンサーサイト

奈良・放火殺人事件 成績めぐり「何もかもいやに・・・」 2006-06-23

-------------------------------------------------
急にはずせない用件が入ってしまい、本日(6月23日)休講です。
学生諸君は誠に申し訳ないが、よろしくお願いします。坂本衛
-------------------------------------------------


書き込みが大変遅くなってしまい、申し訳ありません。


《長男について報道ステーション内で話されていたこと》

古舘「もし(長男が)すごくイイ子を演じてきたのだとすると、つらかったのかなと思いますよね。」
堀田 力(弁護士・元検事)「つらかったと思います。長男は科目を満遍なく勉強をしていたようです。高校生にもなると、科目の好き嫌いはあるのに、それを全部頑張っているということが、すごく無理している。親に認められたいというそれだけの社会の中で頑張って頑張って無理してそれがある時プツッて切れるんですよね。」


《私が思ったこと》

 今回に限ったことではないと思いますが、特に感じたことがあります。それは、推測で話をしているということです。また、その推測で放火殺人の犯人をフォローしているように思いました。(堀田氏が弁護士ということが関係してくるとは思うのですが・・・)

 少年であるとはいえ、親からのプレッシャーのようなものがあったかもしれない、とはいえ、犯罪者であることにかわりはありません。殺人を犯した犯人です。犯人をフォローする、という時点で疑問がわきますが、ましてや推測でフォローするようなことは、してはいけないような気がします。放送された時点でわかっていたことは、「少年は成績優秀だった」「親が医者であり、少年も将来の夢は医者だった」「高校三年生になって、進路の方向性が変わってきた」「両親は再婚であり、長男だけ前妻の子どもである」「近所の評判では、イイ子といわれていた」といったことでした。観ている側も、その事実を知っただけで、なんとなく「親からの期待がプレッシャーで、つらかったのかもしれないな、かわいそうだな」と思いました。しかし、少年の両親との関係を作り上げてしまうのは良くないことでないのかと私は思いました。

 事実を曲げることなく伝え、その事実を聞いた視聴者側の考えは視聴者それぞれが持つものであって、それをなんとなく誘導してしまうきっかけ作りは、暗いニュースではあまりしない方が良いのではないかと思います。


※過去の記事でコメントを多くいただきましたがそのレスポンスができておらず、申し訳ありません。これからしたいと思っております。


《番組データ》
番組名/報道ステーション テレビ朝日系/月曜~金曜夜9:54~11:00放映/司会/古舘 伊知郎・河野 明子 コメンテーター/堀田 力

【高濱 綾乃】






奈良母子3人火災で死亡 長男はどこに? 2006-06-22

《奈良母子3人火災で死亡 長男はどこに?》

 ■ズームインSUPER(日本テレビ 6/22 5:20~8:00)より
・・・「どのメディアも長男の名前を公開していません。その理由として、万が一この少年が事件に関わっているかもしれないからです。」
 
 ■みのもんた朝ズバッ!(TBS 6/22 5:30~8:30)より
・・・「長男の足取りを追ってみました。長男は剣道部に所属しており、部活動をした後英会話学校へ行きました。その後の足取りがわかっていません。また、自転車通学だった長男の自転車は焼けずに、家の前に残っていたのです。」


 行方不明であった少年に関する一部分を抜粋しました。


《これらを見て》
 
 どの番組であったのか忘れてしまいましたが、コメンテーターが「もしかするとこの少年も事件に巻き込まれているかもしれないですね。早く見つけてもらいたいものです。」と言っていました。私はこれを聞くまで「行方不明の長男は事件に関与している、もしかすると放火の犯人かもしれない。」と思っていて、長男が事件に巻き込まれた被害者側である可能性を全く考えていませんでした。

 また、昨晩の報道ステーションでも、長男の卒業文集に書かれた将来の夢を取り上げており、まるで犯人として逮捕された後のように少年にスポットが当てられていました。

 そのように感じたのは私だけかと思ったのですが、私の母親も同じように「まるで犯人のような取り上げ方だね」と言っておりました。


 少年が事件に関与しているか、まだ定かではなく(正式に発表されておらず)加害者側なのか被害者側なのかもわからないのに、加害者よりである印象を受けました。そう感じたのは私の家族だけだったのでしょうか?

 行方不明の段階で、長男の人間性に関わる事柄を取り上げるのは、よくないのではないかと思います。(以前秋田の畠山容疑者が任意同行を受けた際も、似た議題になっておりましたが・・・)ましてや少年であり、もし被害者であった場合、視聴者が一瞬でも抱いた疑いの目が、少年の今後の生活に多少なりとも影響するのではないか、と思います。


 【高濱 綾乃】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。