テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

「めろん城の悲劇」夕張市 破綻 2006-06-28

 今日は書き込み時間が遅くなってしまったと共に、パソコンの調子が悪く日付変わってからの書き込みとなってしまいました。
申し訳ありません。【注 坂本が時間を巻き戻しました】

 夕張市にある夕張メロンのブランデーやワイン、リキュールなどの製造工程が見学できる施設。最新ロボット・白熊などが見られるスポット、またジェットコースターなど特産メロンを観光に生かそうと地方の人々が楽しめる場所として建設された。

 しかし、夕張市の財政状況が厳しくなり、一時借入金などの活用により表面上は財政告示となる手法をとり、負債がふくれあがっていた。
地方が地域振興目的で率先してやった事が逆に市の財政を圧迫し、税金で処置するのではないかという事でした。

 古館伊知郎「地方は地方で国に甘える。もたれあい幸せはどこにくるか?・・」


 私は、小泉純一郎内閣で地方の自立を掲げられ、それにより各自治体がおのおのの考えで自由に使える財源にできれば地方の特色が出てくるのではないかと思っていたのですが、今回のニュースのような国と地方が一体となって地域を活性化しようとした事が逆に地方を疲弊する形となってしまったのは哀しいと思いました。

 私自身、北海道で育った訳ではないけれど、もし自分の市でこのような事が起き、税金といった形で私達に伸し掛かってくる可能性があるとされたら、自治体に対し不信の念を抱いてしまうかもしれないと感じました。

 番組内では、このニュースと共に夕張市の観光産業の歴史について触れており、あまり市民の意見について報道されていませんでした。私は自治体によってその地の方向性を定められるとはいえ、都市や地方の位置づけに関係なくその地を創り出していくのは市民であると思うので、もっと市民の意見を報道して欲しいと思いました。

     《番組データ》
番組名/報道ステーション テレビ朝日系/月曜~金曜夜9:54~11:00放映/司会/古舘 伊知郎・河野 明子 コメンテーター/加藤 千洋他


                   【山口 乃絵】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-05 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)