テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大停電の報道について 2006-08-14

(少し0時を過ぎてしまいましたが、14日の書き込みにさせて下さい。)
今日からブログを担当します神田絵里です。お盆期間でここも人が少ないみたいですが、がんばりますのでよろしくお願いします。

今日は初日にも関わらず大事件が発生してしまいました。

「首都圏、大停電」

私も朝のニュースの録画予約をしていたのですが、全て砂嵐が映っているだけでした・・・

しかし

我が家の場合は停電ではなく、父が新しい機器を買ったため配線をいじったのが原因でした・・・。今も復旧作業が続いています。明日には復旧するそうなので、今日はこの事件について、大まかなものになってしまいますが、各局の報道の仕方を見比べての感想を書きたいと思います。

朝のニュースでは、かなり情報が錯綜していました。「損傷した」を「切断した」と報道していたり、アナウンサーも焦っている様子で状況が良くわからない状態でした。特に原因について、どうしてクレーン船が接触したのか、高さ制限の法律などは定められていなかったのかについて正確な情報は得られませんでした。

昼間・夕方のニュースでは、各局主にこのような構成になっていました。
○現場の様子(旧江戸川の送電線がヘリや船上から映し出される)
○都内の停電の様子(ゆりかもめのレール上を歩く人達、タクシー・バス乗り場の長い列、信号が停止し警察官が誘導を行う様子など)
○東京電力の会見 
「原因は、旧江戸川の上を横断する送電線にクレーン船が接触して損傷させたこと」
「これによって、7時38分から最大80万世帯に影響が及んだ」
○目撃した人の証言
「2度ほどパチパチと大きな音がした」
○事件直後の写真(目撃者撮影)
○スタジオに専門家を呼んで話を聞く

この時間帯でも、「なぜたった三本の送電線が損傷しただけで139万世帯に影響が及んだのか」ということの説明ばかりで、ひたすら東京電力の本社や現場から中継がされていました。また、乗組員は3人とも送電線に気がつかなかったという情報もでてきましたが、船が映るばかりで乗組員の姿は出てきませんでした。

夜のニュースになって初めて、乗組員はそこでの作業が初めてだったことや、船長が指示して70度の角度にクレーンを上げたことなどが報道されていましたが、圧倒的に東京電力の危機管理の甘さを報道する番組が多かったです。(99年にも自衛隊のヘリが落ちて停電になったのに、その教訓は生かされなかった、というもの)

私は今日のこのニュースに関する一連の報道を見ていて、もっと大規模な災害やテロにあった時に本当に欲しい情報を真っ先に伝えてくれるのか不安になりました。
東京電力の危機管理の甘さはもちろん追及すべきですが、それよりも先にその船がどうして接触したのかについてもっと追及すべきなのではないかと感じました。
そして、大災害にあった時に備えてどういうことをしておくべきなのかについても報道が足りないのではないかと感じました。

専門家の話や模型を使った状況説明よりそういったことを詳しく伝えて欲しいです。

≪主に視聴した番組のデータ≫

番組名/スーパーモーニング
放送局/テレビ朝日
放送時間/7:30~11:30ごろ(延長して放送していました)
キャスター/渡辺宜嗣、野村真季

番組名/ザ・ワイド
放送局/日本テレビ
放送時間/11:55~15:50
キャスター/森富美

番組名/スーパーニュース
放送局/フジテレビ
放送時間/16:55~19:00
キャスター/安藤優子、西山喜久恵、須田哲夫

番組名/報道ステーション
放送局/テレビ朝日
放送時間/21:54~23:10
キャスター/古館伊知郎、河野明子

その他、同じ時間帯にやっていた他の局の報道番組も少しずつ視聴していました。


【神田絵里】
スポンサーサイト

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。