テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

一週間ブログを担当して 2006-08-20

こんばんは。今日の高校野球の決勝は激闘でしたね。普段は全く野球を見ない私も目が釘付けになってしまいました。延長15回でしかも決着つかず、明日に持ち越しとは・・・双方のピッチャーから「魂」を感じました。

さて、今日で担当週間も終わるということで、最後に1週間ブログを担当してみて感じたことを書こうと思います。

私はあまりテレビをじっくり見るという習慣はありませんでした。(NHKのニュースは親の影響でよく見ていましたが)どちらかというと何か作業をしながら聞けるラジオをよく聞いていました。
特に朝の報道番組についてはラジオでニュースを聞いて状況が知りたい時に見る、といった感じで、見る習慣がなかったので全部じっくり見るのは初めてでした。
なので、同じニュースを扱うのでも画の扱い方、ナレーション、テロップなど様々な伝え方があるのだなと改めて感じました。各局それぞれ工夫して、どうしたら視聴者に一番よく伝わるのか、あるいは局の個性を発揮する伝え方(演出)ができるかを考えながら報じている様子が伺えました。

ただ、怖いと感じたのは連日大きなニュースがあったからか、前の日に大々的に報じられていたニュースが次の日には局によってはほとんど放送されないことです。視聴率を取る為か、よりショッキングなニュースを取り上げ、一通り騒いで新しいショッキングなニュースが入ったらすぐそちらを報道する。飽きやすい視聴者の興味を惹くためなのでしょうが・・・。そうした姿勢の番組が多いことを感じ、私は改めて「自分で情報を選ぶ」事の大切さを感じました。
テレビ、新聞、ラジオ、雑誌、インターネットなど、今は私たちが情報を仕入れる選択肢は豊富にあります。1つのメディアだけではなく様々なメディアを使い、1つの番組だけではなく様々な番組を視聴し、1つの意見だけでなく様々な意見を聞くことで新しい発見をし、成長できるのだと思いました。そして情報を仕入れていくだけではなくそれについて「どうしてこんなことを言うのだろう」と深く考えることが必要だと感じました。

今日も日曜ならではの討論番組を視聴していたのですが、ニュース番組や関連番組をじっくり見ていたおかげで言っていることが理解できるようになり、面白いと思えました。
もうすぐ社会にでる者として、これからはもっとニュースに関心を持ち、積極的に考えて行こうと思います。

最後に、お盆休みにもかかわらずコメントを寄せてくださった皆様、見てくださった皆様、拙い文章でしたが一週間お付き合いいただきありがとうございました。

(余談ですが・・・ラジオをあまり聞かないけど情報番組が好きな大学生に、オススメ番組。今日(毎週日曜)の深夜0時からJ-WAVEにて「Growing Reed」(MC:岡田准一)という番組があります。
MCはぎこちないですが、毎回1つのテーマを取り上げ、専門家に20代の「知りたいこと」を聞くという番組で、なかなか深いテーマの時もあって面白いですよ。
ホームページ:http://www.j-wave.co.jp/original/growingreed/)


【神田絵里】

今日はお休みします。 2006-08-19

今日は私用の為書き込みをお休みさせていただきます。

申し訳ありません。

【神田絵里】
※追記:署名がなかったので付け加えました。

お休みです。 2006-08-04

4日は自分の都合ためお休みさせていただきました。

私用のため書き込みができませんでした。 2006-07-16

私用のため今日は書き込みをお休みさせていただきます。申し訳ありません。

            【正留 英一】

メディアの影響力 2006-07-15

まことに勝手ながら金曜夜から火曜にかけ私用があるため日曜の書き込みができなくなりました。申し訳ありません。土曜の分は一日早いですがまとめて書かせていただきたいと思います。先生には了承を得ています。あしからず。



今回このブログを担当してみて月並みな意見だが、テレビ報道に対して疑う姿勢が身についたと感じた。約一週間という短い時間だったが、こう何度もニュース番組を見返したり、考えをめぐらすことはなかったので、大変ためになったと思う。

ジダン退場の件で感じたことだが、推論による報道の視聴者への影響力の大きさを感じた。多くの推論を交え、その事件の真相を探ることは、視聴者の考えを深め、有益なものになる可能性を持っているが、ひとつの推論にだけ注目し、その筋で話を進める報道を行った場合、視聴者に間違った意識を植え付ける可能性がある。

それだけニュース報道とは視聴者に対し大きな影響力を持っている。

戦時中の日本にしろ現在の北朝鮮にしろ一元論により過ぎた報道は、視聴者の客観的な視点を奪ってしまう可能性がある。

現在日本は北朝鮮に対し安保理による経済制裁、先制攻撃論など強硬策をとろうとしているが、その策のみで今の北朝鮮とつき合っていくのは大変危険だ。大切なのはあくまで「対話」と「圧力」。

しかしまずいことにメディアまでもがその風潮を煽動しているように思える。

北朝鮮との関係が緊張していま、同時にそれはメディアの責任が問われるときであると思う。



                        【正留  英一】

報道姿勢について 2006-07-02

  この一週間、いくつかの報道番組を見て特に感じた事ですが、報道する側がとても未熟に感じられた。TVに関して、以前の書き込みでも触れられていました通り憶測記事が目立ち始めていて、その報道姿勢が「事実」を忠実に報道するという義務感のような意識が前面に出ていて、例えば「・・・考えられます」「・・・よね」というようなコメントが出ると、その事が事実関係にどのくらい関わっている事なのか、をあまり考えずに条件反射的に報道してしまっているような気がする。

  特にテレビ報道にもなると、コメンテーターと称する人達が事実関係を考慮する事なしにコメントし、わずかな比重のものが倍化されて視聴者のもとに入り込んでくる。

  何故このようになってしまうのだろうか。
それは2つの理由があると思う。1つ目は報道側の事実関係に対しての思考が希薄になっている点。2つ目は、企業や組織として取材に向かう為に視聴率というビジネスが入り込み「事実を報道するだけでは商売ならない」という考えが無意識に作用してしまう点にあるのではないか。
 
  このような報道を受け取る私を含め視聴者にとって、こうした姿勢で報道される事で全ての事件のウエイトが並列になってしまって、大切な部分が何か全く見当がつかなくなってしまう。

  事件に対して誰が悪いかと責任論を展開し、それが企業の責任など発展させて状況の分析といって発展させて報道を終焉する。その過程がどれも同じように感じられて事件の大小が分かりにくいように思えた。

  だからこそ、これから報道側が役割を再考し、時には越脱しても伝えたい事の為に行動し限りなく追い求め、被害者の立場からの視点での考え・想いなども伝えるような報道のあり方であって欲しいと思う。


P・S  この1週間、まとまりの無い文章、拙い内容を読んで頂き、どうもありがとうございました。
正直、毎日報道について書き出す事が大変だ、厳しい、と感じた事もありましたが、ここまで真剣になって報道番組を見る機会はなかなか無かったと思えるので自分にとって為になった上に、報道番組により興味を持つきっかけとなりました。

                  【山口 乃絵】

一週間 2006-06-25

 普段、インターネットで情報を取り入れることが多いのですが、(ニュースを含め)この一週間はテレビに触れる時間を作るよう努めてまいりました。しかし、(以前十河さんも言っておりましたが)やはり、「時間を作る」ようにしなければ見ることができないのがテレビでした。それに対し、インターネットはいつでも見ることができる・・・


 しかし、常にリアルタイムに、しかもすぐに映像付きで報道することができるのはやはりテレビであって、それをインターネットは超えることはできないと思います。

 
 その時のニュースを、時間の許す限り「多く」、「早く」知ることができるテレビと、「見たいものを見たい場所」で、「詳しく」知ることのできるインターネット。

 これから先、形を変えて発展してゆくかもしれませんが、私は、この特性が今後も変わらず、テレビもネットもそれぞれで発展していってほしいと思いました。




 《最後に》
 知識も表現力も文章力もありませんでしたが、一週間お付き合いいただきまして、ありがとうございました。


 【高濱 綾乃】 

○一週間ブログを担当してみて考えたこと○ 2006-06-18

 私には習慣としてテレビを見ることはありませんでした。ニュースは携帯でチェックするか、もしくはネットで調べるのが主でした。 アルバイトなどで毎日決まった時間に放送される番組を見ることが無理な時もあります。今回も一週間だけだからと思いこまめにテレビ報道を見るよう心がけていましたが、それができない日が2日ほどありました。
 いまやニュース番組はテレビで見るものとは限らないのかもしれません。実際テレビで見て理解しづらい話題は、テレビ局のニュースサイトにアクセスし、ウェブ上で視聴しました。そして朝、夕と決まった時間にニュースを見るという習慣も急速にすたれつつあるように思います。
 テクノロジーの進化が「見たいニュース」を「見たい時間」に「見たい場所」で視聴することをできるようにしました。これからはニーズの好みやライフスタイルに合わせて、いままでのニュース番組の形態や内容をどのようにアレンジしていくかだと思います。ネットの特性を生かした新しいニュースプログラムをいかに作っていくかをテレビ局とネット企業が考えていかなければならないと思いました。
 それが実現してきているものとして挙げられるのがワンセグ携帯だと思います。地上デジタル放送を携帯で見ることが可能になります。いままでネットはできたけど、ついにテレビまで自分の好きな時間、場所に合わせて見る事ができます。
 視聴者は情報を入手する手段をもっと自由に選択できるようになりました。
 この進化はどこまで続いていくのでしょうか。


 今日は日本の決勝トーナメントをかけてのクロワチア戦がいよいよ22時からキックオフです。テレビを見ていてもワールドカップのことが多いです。日本勝つといいですね。

【十河 亜弥】


表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-05 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)