テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放送特殊研究V受講生へ(ブログ復活、始動!!) 2008-07-13

放送特殊研究V受講生の諸君へ。

たいへんながらくお待たせしましたが、当ブログが復活、始動しました。

前期に授業で視聴したドキュメンタリー(古いものからだから、ここまでは全部ドキュメンタリー映画ね)の概要について、適宜upしていきます。学生諸君は、これというドキュメンタリーについてコメントをつけ、議論を深めていくように。

※コメントは原則として実名。コメントの最後に【坂本 衛】のように(この記事のように)記入のこと。特段の理由がある者は、授業中に坂本に申告したハンドルネーム(筆名)を使用してもよい。

※「おもしろかったです。いろいろ考えさせられました」なんて無内容な内容は、くれぐれも書き込まないように。

※受講生同士で、「その見方には異論がある。なぜならば……」「いや、そんなことはないはずだ。というのは……」というような議論が盛り上がることを、期待します。

※コメントの内容や回数は、成績に関係する可能性が大いにあります。何も書かない者には、単位は出ない。頑張ってください。

【坂本 衛】
スポンサーサイト

【★★★重要】2007年度受講生へ【よく嫁★★★】 2007-12-16

【1】2007年(年度にあらず暦年)の教室での授業は12月14日をもって終了しました。

【2】4年生は、12月20日朝には成績を提出(速達にて発送)するので、19日深夜までに計7回の記事(本文)を書き込むこと。書き込まないと単位は出しません。3年生は、期限についてはこの限りではありません。

【3】記事本文以外に、きちんとコメントをつけること。自分の記事についたコメントに対応するのは当然だが、他の者の記事にもコメントをつけること。これも成績に影響するので注意。

【4】14日の出席者と話して、21日は補講をしない代わり、1月末頃に飲み会を開催することにしました。31日は坂本の都合が悪いため、いまのところ1月30日か2月1日@西早稲田かわうち(←リンク先の10月17日記事参照)を考えているが、各自この記事へのコメントで都合を(その他の日がよい者は希望日も)書いてください。決まればこのブログに書くほか、坂本にメールアドレスを伝えている者にはメールで連絡します。藤井助手も参加の予定。

以上

坂本 衛

2007年度授業で運用開始 2007-10-06

【受講生諸君へ】

●これまでこのブログは開店休業状態でしたが、2007年度の授業用として運用を再開します。まず、以下のようにしてください。

●受講生は左リスト「カテゴリ別の記事」のうち、「受講生は必読★」「坂本から連絡★」の記事を熟読すること。

●その他、過去の記事にざっと目を通し、興味をもった記事について熟読すること。

●いま読んでいるこの記事に対して、コメントを付けること。
その際、ブログ全体を目を通しての感想、「興味をもった記事」に関する感想を、200字程度にまとめて書き込むこと。締め切りは10月11日。

●受講生は実名を使用のこと。特別な理由がある場合は、ペンネームを用いてよいが、その場合は本名とペンネームを事前に坂本まで連絡せよ(坂本宛メールは、坂本サイトから打つことができる)。

【このブログをお読みの皆さまへ】

●当ブログは2006年度授業用に開設し、もっぱら同年11月まで使いました。その際、「受講生は1週間ぶっ続けで7回、本文記事を書く」ルールにしたところ、「生まれて初めてこんなに長時間テレビを見た」「生まれて初めてこんなに長時間ニュース(または報道系番組)を見た」「生まれて初めてこんなに長文を書いた」(卒論は書く前)という者が続出しました。何時間以上テレビを見よとも、何文字以上書けとも一切言っていないので、私は結構驚きました。

●ほかの教員がどういうやり方か、まるで興味がなく、一切関知もしていませんが、日大放送学科では「(番組を指定せず)テレビを見て、(文字数を指定せず)文章を書く」という授業を、あまりやったことがないのでしょう。平均的な大学3~4年生にとっては「テレビを見てブログを書く」という課題そのものが、過重な負担であることに加えて、2007年度は受講生が少なかったこともあって、前期は「放送とは何か」という原理的な部分を講義し、折に触れてテレビ報道の問題点を指摘する授業に切り替えました。で、9月末からの後期に入って、前年度よりもが負担にならない方法でブログを使い始めることにします。

●学外の方の閲覧やコメントは、前年度と同様、自由にしていただけます。書き込みの日が空いたり、コメントへの返信が遅れたりするかもしれませんが、上記のような事情を踏まえていただければ幸いです。

2007年10月6日

坂本 衛

神田京子の結婚披露ライブ 2007-10-05

●当授業(放送特殊研究V)の前身は「マスコミュニケーション演習IV」で、1999年度から始まりました。その「花の99年度卒業組」に、本田尚子というヘンテコな女の子がいて、秋から授業に出てこなくなった。どうしたと周囲の子に聞くと、「女講談師になるらしい」「二代目神田山陽に弟子入りした」と。それが、神田京子です。

●なんでも、神田山陽さんは「お前は今日来たんだから、京子だ」と命名した。また、山陽最晩年の弟子なので、もっぱら師の入れ歯を洗うばっかりで、あまり講談は習わなかったらしい。という噂だが、真偽のほどは不明。

●神田京子は1年ほど前に結婚(入籍)したと聞いていたが、今回下記のような案内が来たので、お知らせまで。

詩人・桑原滝弥☆講談師・神田京子
結婚披露特別ライブ♪ケッコン(仮)面


2007年11月17日(土)@築地ブディストホール(東京公演)
11月22日(木)@TOKUZO(名古屋公演)
11月24日(土)@Common Cafe (大阪公演)

★全公演共通詳細★
 とき:開場18時30分/
    開演19時30分
 料金:前売3500円/当日4000円 
 出演:詩人・桑原滝弥&講談師・神田京子
※名古屋・大阪公演は飲食代が別途必要となります。

東京公演チケット問い合わせ
パブリックスペースエンターティメント
Tel 080-1101-5714
public_space_entertainment@yahoo.co.jp

名古屋公演チケット問い合わせ
TOKUZO
Tel 052-733-3709
info@tokuzo.com
※チケットぴあでも同時発売。

大阪公演チケット問い合わせ
オレペコ企画
Tel 06-6371-0305
orepeko@nyc.odn.ne.jp

●神田京子のブログ 京子喫茶室 

●神田京子の掲示板 http://6005.teacup.com/kyoko/bbs

マス演1999年度アルバム

★★★飲み会あり★★★ 2007-02-01

一部受講生には、授業中に日を伝えましたが、明日2月2日(金)
下記のように放送特殊研究V「飲み会」をやります。
ふるって参加してください。
ムチャクチャ忙しく、アドレスの整理などしている時間が
なく、直前のお知らせになってしまった。★★★ゴメン!!★★★

●日 時:2007年2月2日(金)午後5時半~(終了は成り行き)

●場 所:西早稲田「かわうち」電話 03-3205-4129  
地下鉄東西線「早稲田」、高田馬場より出口から早稲田通りを
馬場方向へ、穴八幡神社の交差点を通り越し最初の信号、左側角。
前回と同じ店です。

●店の説明:
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/kagura.html#kawauchi

●店の地図:
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/kagura/nswsdmap.html

●会 費:2000円(アルコール飲まない人1500円。
足が出たら坂本が払うから、心配すんな)

●出 欠:このメールへの返信で、参加・不参加を必ず伝えてください。
明日夕方までにメールできない人は、後からでも可。
直前(に出席)の場合は、店に電話し坂本を呼び出して。

●その他:
店は5時から開いています。
ヒマなOGやOBも来るかもしれないが、よろしく。

17日の記事がないぞ! 2006-07-17

担当者は毎日1回記事を書け!

なんで書かないんだ?

【坂本 衛】

担当者は毎日1回記事を書け! 2006-06-12

担当者は毎日1回記事を書け。

そういう決まりではないのか。
なぜ、決まり通りにやらないんだ?

日曜の深夜(月曜の未明)に坂本は
担当者にパスワードを送っているが、
そんな夜中に教員が自分のために何か
してくれても、何も感じないのか?

なぜ、うんともすんとも反応しないのか、
まったく理解しがたい。
ヤル気のない者は、受講生をさっさとやめてくれ。

※12日の記事がないから、坂本が代わりに書く。

坂本 衛(6月12日深夜13日未明記)

前期課題の小論文 2006-05-28

シラバス・ここまでの授業で予告した通り、
次のように小論文を書いてもらう。

【1】テーマ:「春(または初夏または夏)、テレビについて思うこと」
   つまり、なんでもいい。

【2】提出方法:この記事に対するコメントとして、このブログに
   書き込むこと。その際、適当なサブタイトルを10文字前後で
   つけ、Subject欄に記入のこと。Name、Subject、Comment、
   Pass欄以外には、何も記入しないように。

【3】字数:800字(空白や改行マークは含まず)。行頭は一字下げ、
   適当な段落ごとに空白行を入れよ。

【4】提出期限:6月9日(金)

以上である。
みっともないから、字を間違えないようご注意。【坂本衛】

【29日追記】パスワードにつき「受講生への注意」(4月27日記事)
を熟読せよ。

ま、格好はついた 2006-05-27

あれこれいじった結果、まずまず格好はついた。
「すべてを疑え!! MAMO's Site」にテイストが似ているが、
ゼロからいじるのは面倒で、設定をテキトーに流用したからだ。
文句いうなよ。

とりあえず、このブログで始めてみよう。
学生諸君は、もう書き込みを始めてよい。
何か質問があれば、今後はコメント欄に書くように。
なお、投稿の際、メールアドレス欄には何も書くな。
(時間ができたら、投稿フォームもいじる)

よろしく。【坂本 衛】

祝!ブログ開設 2006-05-25

放送特殊研究Vブログを開設しました。

しばらくあれこれテストし、カスタマイズします。

学生諸君の参加は、もう少し待ってください。

【坂本 衛】

連絡事項その他、運営上必要な諸注意は、4月の日付で書く。
読んでおくこと。(26日深夜追記)

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。